テニス ミス

メンタル

テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。

そしてそれをすぐに、表情などの表に出しているような気がします。

しかもまだ、ラリーは続いているのに・・・。

こんな酷い例はまれかも知れませんが、アナタ自身、ラリー中に心の中で「がっかり」したり「来た!」と喜んだり、していませんか?

 

テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

 


 

■自分がプロ選手にでもなったつもりなの・・・?

よく試合でミスをして、自分に怒っている選手、多いですよね。

一般の愛好家や学生なのに、どれだけ自分が上手いと思っているのか・・・すごく疑問です。

確かにチャンスボールをミスすれば、ラケットを投げてしまいたくもなります。

でもそれを相手に見せたところで、「この相手は感情をコントロールできていないな・・・」と思われてしまうだけ。

むしろ気にしない、堂々としていた方が、アナタが対戦相手であれば嫌じゃないですか?

 

■試合中の「ミス」について考えてみる

よく勝てない選手ほど「さっきのは、ミス」と簡単に口にしますが、大抵のミスは「いつもミスしているミス」のこと。

つまりは、本人が自分の実力を自覚していないということです。

ラリー中には、ラケットの真ん中に当たらないこともあります。

それをいちいち気にしていたり、がっかりしていたら、テニスの試合は絶対に勝てません。

 

■テニスの試合では、「ベターなショット」を繰り返さないと意味が無い

良いショットを単発で勝てる試合は、格下相手の試合。

自分と同じレベルか、上のレベルを倒していくには、まずまずのショットを安定して打ち続けなければいけません。

ナイスショットは速度が速く、自分のポジションが追い付いていない場合も多々ありますが、それ以上に問題なのがその打ったボールに自分が満足してしまうこと。

ラリー中に歓喜していては、テニスの試合で勝てる訳がありません。

常に自分の想定内に、冷静に事を運ぶようにしましょう。

 

■全ては「想定内」の中で収められるように

試合前のイメージが、どれだけ大きく具体的にできているか。

「今日の相手は脚も速いし体力もある、だけどネットプレーに難があるし、サーブも弱いからチャンスがある・・・」

例えばこんな想定を立てておいて、それが異なったときにどうするか。

上手くいかなければ、冷静に都度ラリーの中で修正していく力がテニスの試合では問われてきます。

ラリーの中ではもちろん、試合の全体の中で悲しんだり、喜んだりをなるべくしない。

感情が出てきても、表に出さないような自分でいれると、試合でもきっと強くなれるでしょう。

 

ガッツポーズや声は、ここぞという場面に取っておいて計算の上で出すことをお勧めします。

強い選手は、感情の赴くままの行動はほとんどしません。

全ては、試合に勝つ為に。

アナタ自身も、自分の感情のコントロール方法を今一度、見直してみましょう。

テニスの試合は、正直苦しいことの連続です。

だからこそ、勝ったときの感情は何事にも代えがたいのです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    自分のテニスを見つめ直して「変えていく時期」は、多くの失敗を受け入れて我慢する時期です

    テニスは難しいスポーツ。これほど、見た目では簡単に見えて、実際…

  2. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  3. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?

    マンガ「ベイビーステップ」の流行もあり、改めて見直されているテニスノー…

  4. メンタル

    自己肯定感、をコントロールしよう

    自分のプレーに波がある、と感じているみなさん。この感覚を、自…

  5. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメンタルが養われていく」…

    今回、アンケートを実施させて頂いて、一番多かったお悩みの相談内容は「メ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

    「次の相手が誰だか、知らないんですよね」という言葉を、錦織選手…

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  2. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ
  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない
PAGE TOP