テニス 打点

戦術

基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」はすごく理解している。

ポジショニング、配球、戦術・・・でも、いざ試合になると、どうでしょう。

基本通りにプレーしていても、勝てない。

そんな壁に、ぶち当たってはいませんか?

 

基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

 

1.基本やセオリーは、万能薬ではない

当たり前ですが、基本があれば応用がある。

表があれば、裏があるように、テニスの試合では駆け引きが終わることは無い。

基本が出来ている相手に、その基本通りのテニスを・・・相手がしてきてくれると思いますか?

テニススクールではしっかりテーマを決めて、お互いが同じように練習するので、ある程度良い勝負が成り立つ。

でも実際の試合では、どうでしょう?

基本やセオリー通りの相手って、動きが読みやすいし配球も決まっている。

教科書通りのテニスなんて、全く怖く無いんですよね。

 

2.キレイに戦って、言い訳は「基本通りにやったのに」がお決まりの人

皆さんの周りにいませんか?

試合の最初から最後まで、基本に忠実な人。

浅いボールから前、深いボールはロブ、ポーチに出るのは味方の後衛が押しているときだけ・・・。

こうやって書いてみただけで、すぐにイメージ出来ますよね。

基本通りにプレーして、負けたらその基本やセオリーのせいにする。

自分は一生懸命やった、とかばってあげたい気持ちは分かりますが、これでは強くなれない。

基本やセオリーって、知ったうえでどう活かすか、が大事なんです。

 

3.テニスの試合とは、人間と人間の泥臭い勝負である

お互いに、本気で勝ちたい。

だから騙すようなこともするし、罠も張る、相手の予測を外す。

基本やセオリーを、どの程度実践してくる相手なのか、を見極めることが大事ですよね。

そう考えると、自分がどの程度「基本やセオリーに忠実に」プレーすれば勝てるのかも見えてくる。

どんな相手でも同じようなテニス、で勝てる訳がありません。

毎回、異なるメンタリティーを持った人間、を相手にするのがテニスですからね。

覚悟を決めて、基本やセオリーを逃げ道にするのはもう止めにしましょう。

 

基本とセオリー、とても大事なのは事実です。

テニスは基本に始まり、基本に終わる。

でもその間では、ちょっと裏をかくようなプレー、トリッキーなことも必要でしょう。

そしてまた、基本に戻る。

私も未だ、その繰り返しの途中にいます。

皆さんは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  2. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

    テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。ここを、どう過ごすの…

  3. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

    皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか?身…

  4. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4から…

  5. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

    試合の中での自分の失点。試合の後に、どれくらい思い出せますか?…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない

    繰り返し書いて来ましたが、まだまだ私たちの意識は甘い。リードし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    相手が良いプレーでポイントを獲った後には、「間を空けてリセットすること」がテニス…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け
  3. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
  4. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手い…
  5. テニス 練習

    戦術

    テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考え…
PAGE TOP