テニス ダブルス

戦術

大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

もうすぐ年末。

もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試合があるかも知れませんね。

それは市民大会の本戦かもしれないし、スクール・クラブ内のトーナメント、サークル内の順位決めの試合、かも知れません。

でも、大事な試合となると、なかなか思い通りにはいかないのがテニスの試合。

もうみなさん、分かっていると思います。

だからこそ、こういう準備、必要だと思いませんか?

 

大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

 

1.勝ちたいというプレッシャーは半端じゃない

これは、アナタだけじゃない。

パートナーも対戦相手も、そうでしょう。

アナタ自身、勝ちたいと思う試合ほど、思い通りにはいかない。

力も入るし、身体も堅い。

いつも通りのショットなんて打てない、ことに気付いたら、もう理想を捨てるしかない。

自分がやりたいテニスに固執しない。

これを、試合の序盤で気付けるかどうかが大事でしょう。

 

2.試合の序盤は、勝負に徹する

やりたいテニス、よりも出来るテニスをする。

理想を捨てて、現実主義者になる。

これは、大事な試合、大一番のプレッシャーがかかる試合ほど大事です。

「つまり、守備的に粘るということ?」というご質問には、基本そうです、と答えます。

ですが、弱気になって守備的になっても、それはそれでミスが増える。

私が考える勝負に徹する、現実主義なテニスとは確率論。

ファーストサーブを入れて、リターンの軌道を高くする。

いつも書いていることですが、「やればポイントを取る確率が上がること」を徹底する。

序盤はこれで良い、この割り切りが大事です。

 

3.やりたいテニスは、試合の後半で!

試合の後半になれば、硬さも取れて身体も動いて来る。

勝負どころでは、攻撃的に理想を追うようなテニスがしたい。

そう、アナタ自身後半まで勝負どころを取っておくことが大事。

なぜなら、序盤の手がたいテニスも、良い布石になるから。

序盤は守備的だったのに、後半に攻撃的にプレーする、ことで相手は慌ててくれる可能性も大。

大事な試合、大一番の試合こそ、後半勝負。

序盤にミスを重ねてスコアを離される、これが一番もったいない。

強い選手は、そのあたりのことよく分かってますからね。

理想を捨てるテニス、を持っているというのも、ある意味理想が高いから出来ることなんです。

 

4.理想を捨てるけど、絶対に勝負は捨てない

この感覚、大事です。

やりたいテニスが出来ない、上手くいかないくらいで、投げ出したりするなんて最悪。

でも、ほとんどの選手がそうなんですよね。

大一番の試合ほど、緊張するのは分かっているのに、それで諦める。

自分の実力が出せないのは、理想に固執しているから。

それをどうやって出せば良いのか、について真剣に考えないと変わらないですよ。

大一番の試合が控えているなら、準備しておきましょう。

理想を捨てたときに、自分に何が出来るのか。

スコアを安定させて、後半勝負に持ち込むために、何が出来るのか。

きっと、大事な試合で役立つはずです。

 

アナタが望んだ試合、に出れるだけでワクワクする。

でも大一番の試合、ほど身体は自分の思い通りにはならないでしょう。

だからこそ、準備が大事。

理想を捨てて、勝負に徹する。

これが出来る人は、少ないんです。

だからこそ、チャンスだと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

    ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。攻撃されて苦しい時には…

  2. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  3. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない

    何となく、試合で強い人、練習よりも試合で強さを発揮する人、皆さんの周り…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

  6. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
  2. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる
  3. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽
  4. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
PAGE TOP