戦術

テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要

スポーツに数字は付き物。

だからこそ競争できるし、ルールも決まる。

この数字の感覚を、強烈に意識できるかどうか…って、かなり重要なポイントだと私は思っています。

それは、テニスを審判台から見ていたらから気付いたことでもありました。

プロ選手の試合では、試合後に色々な数値が集計されて出ますよね。

これを、私たち一般プレイヤーも感覚として自分の中で持っておくということは大事。

スコアやポイント取得率、これを客観的に捉えることができて、ポジティブなイメージに変えていくことができれば、試合でも強いはずです!

数字に、苦しめられてる?

私の感覚ですが、試合になかなか勝てない人、メンタル的に弱そうな人は数字に弱い。

意識できていない、または自分自身でプレッシャーに感じていることが多いように思います。

例えば、すごくシンプルな話ですけどサーブについて。

テニスでは、2回サーブを打つチャンスがありますが、これを「2回しかない」と考えるのか、「2回もある」と考えるのか…では、意味合いがかなり変わります。

「2回もある」と考えると、自然とプレーも攻撃的になるし前向きな考えでポイントに入っていきやすい。

でも、「2回しかない」と考えると、置きにいくようなサーブになりがち。

数字をどう捉えるか、意識するか、でテニスやスポーツは変わります。

3ポイントは落としても良い

1ゲームで考えてみても、面白いです。

自分がゲームを取るには、4ポイント取らないといけない…のは事実なんですが、こうも言えますよね。

相手には、3ポイントまで取られても良い。

そう、取られても良いんです。

ラブゲームでも、デュースにもつれ込んでもノーアドでも、1ゲームの価値は変わらない。

中身のポイントは、持ち越されないですからね。

そう、「いかに価値ある失点をするか?」という風に考えることができます。

これって、大きな変化になるんですよね。

大胆な失点ができる、相手はそれを警戒してくれるようになる訳ですから。

この辺りも、数的センスだと私は思います。

あるかないか、意識できるかできないか、でテニスの質自体が変わりますよ。

普段から、数字を使うことで養える

この数的センス、磨くのは結構簡単です。

とにかく、日ごろから数字を使う、話す、自分の中で取り入れる。

テニスの試合のスコアをつけてみるのは一番有効ですが、まずは日々の会話からでも。

「ポイントは2つ、1つは…」というような話し方を、意識してみて下さい。

何てことは無いですが、自分の言葉の中に数字を入れる癖をつけると感覚が変わっていきます。

それに、周りにも伝わりやすくなり一石二鳥。

数字を使える人が、いつの時代でもリーダーになる。

数字を使えない人は、いつの時代でも馬車馬のように「採取される側」になってしまう。

これは、テニスの世界でも近いことが起きていると私は思います。

アナタは、どちらの側になりたいですか?

試合に勝つには、ポイントの積み重ね。

自分の失点を、いかにプラス思考で捉えることができて、活かすことができるのか。

これも、一つの数的センスの賜物です。

ある意味、自分を洗脳するような感覚で良いと思いますよ。

数字に強くなれば、必ず試合でも結果が出ます。

楽しみながら、日々の生活で数字を使いながらセンスを磨いてみて下さい。

きっと、みなさんならできるはずです!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている

    試合では、相手は待っているそう、アナタ自身の「ありきたりな攻撃…

  2. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  4. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  5. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  6. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

    これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。みなさんも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?…
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い
  5. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
PAGE TOP