メンタル

テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている

テニスの試合で強い人。

レッスンでも練習でも、しっかりと決めることができる、自分の型を持っているような人は、みなさんの周りでもいますよね。

こういう人は、実は本人も気付いていないかも知れない、大事なポイントがあります。

ランナーズハイ、という言葉をみなさんは聞いたことがありますか?

辛い長距離走も、どこかの地点で「ハイ」な状態になって気持ち良いと感じられるようになり、パフォーマンスも上がる現象。

これ、テニスでも似たような場面はあるはず。

強い選手ほど、その状況を創り出すことができているはずです。

快感を、覚えよう

みなさんも、きっと経験あるはずです。

「今のポイントは、思い通りにいった!」というパターン、試合でありますよね。

その時の感覚、どうですか?

すごく快感ですよね。

まずは、この快感をしっかりと自分で自覚することが大事なんです。

何となく気持ちが良い、よりももっと具体的に。

快感を感じて、それをしっかりと次のプレーにつなげていくことを意識すると連続性が生まれますよ。

ポイントをどんどん、食べていく

私は良いポイントがあって、それを快感に感じると…こういうプレーを心がけます。

流れにのって、どんどん次のポイントも食べていく。

相手は、料理を出してくれる料理人さん、寿司職人だと思って良いでしょう。

出される=打たれる、食べる、次から次へ、どんどん美味しく頂く。

一度良い流れで快感を覚えたら、どんどん次へ、次へとリズムを作っていく。

料理の例えが分かり辛いなら、めちゃくちゃ簡単な計算問題を解いているような感覚。

どんどんペンを動かして、回答していく。

そうなると、また快感を得られるようになって、それが「ハイ」な状態になっていく。

どうでしょう、これがテニスの試合でできるかどうか。

みなさんなら、きっとできるはずです。

「きっかけ」プレーを用意しよう!

最初の快感を得るきっかけ、自分が調子付くきっかけのプレー。

これを、みなさんぜひ意識してみて下さい。

私だったら、リターン。

リターンから前に出て、どんどん快感を得ていく、次につなげていく。

もちろん、上手くいかないこともありますよ。

でも、きっかけを掴もうとして動くと、「ハイ」な状態になりやすいんですよね。

自分から動いていかないと、脳も活性化しない。

きっかけのプレーを自分で用意しておく、それでハイになっていく。

みなさんが普段やられている仕事でもそうじゃないですか?

まず最初にメールチェック、スケジュール確認、何でも良いんです。

「その作業から、リズムを作る」という流れに、どこかで快感を覚えているはず。

この快感をコントロールできるようになれば、試合でも強いはずです!

「プレイヤーズ・ハイ」な状態を、自分で作る。

快感を感じることが癖になれば、試合で毎回の癖として使えます。

私の感覚だと、集中力って結局この「快感を得られるハイな状態」をいかに作れるかどうか?が大事なポイント。

きっかけは、どんなショットやプレーでも良いんです。

自分で準備すること、掴むことが大事。

快感を得ることを覚えると、本当、テニスってやめられないですよ。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 雨
  2. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない

    テニスを試合をしていて、本当にしぶとい相手。みなさんの周りでも…

  3. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  4. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

    つい、感情的になってしまう。それが、テニスの試合です。…

  5. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

    テニスの実力がある選手は、試合会場でも良い雰囲気を出している。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない

    「なかなか、自分の指導を聞いてくれなくて・・・」というお悩みを、アンケ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  2. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスにつ…
  5. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?
PAGE TOP