その他

+POWER CUP を終えて

目次

正確には、まだ終えておりません。

大会終了後に2週間を経過し、コロナウィルスの感染拡大の様子無し、のところまで危機感を持って運営は続いております。

ですが実際には大会が行われて1週間が経過しましたので、改めて私が感じたことをまとめてみたいと思います。

それが少しでも、読者のみなさんのテニスにもつながることになると思いますので、ぜひご自身のテニスライフと重ねて読んでみて頂けると嬉しいです。

選手は大会の中で成長できる

今回、特に学生選手と接していて感じたこと。

今試合が無い、練習ばかりの中で、自分の成長がなかなか感じることができないという不安が大きい。

特に新大学1年生は、自分の実力的な位置が分からない…ということで、すごくモヤモヤしてるんだなと感じました。

大会前にコミュニケーションを取る機会も多かったんですが、+POWER CUP に向けた期待と不安が交錯し続けている感じ。

でも、いざ試合当日コートに立つと、選手の眼が変わってました。

プロ志望選手、の眼になるというんですかね。

覚悟を決めて成長する、まさにそれって大会の中でも感じた部分でもあります。

メディアの多さが、成長につながる

今大会は、多くのメディアの方にも取材頂きました。

スチールカメラマンだけで20人、テレビカメラも5台、こういう中で試合をすることこそ、私は大事だと考えています。

試合に勝てば勝利者インタビューも。

最初はジュニアや学生の選手は委縮してしまってましたが、それも大会が終わるころにはもう慣れている。

本当に、頼もしかったですね。

こういう光景って、実は私たち一般のテニス愛好家の中でもあることだと思うんですよね。

試合を勝ち上がっていくと、その中で自然と成長できる。

だんだんと、観客も集まってくることにも慣れて来る。

人に自分のテニスが見られている、と感じることができて、それを受け入れていく。

これは、練習だけだと味わえない成長速度、きっかけだと改めて感じました。

恩を回していく、返していく

今回の発起人でもある添田豪選手。

改めて昨日お会いして感じたこと、それはこの+POWER CUPを通じて「恩を回していきたい」という強い想いでした。

学生からプロへの移行期間では、添田選手も多くの人に支えられ、きっかけをもらい、その中で決断してきたから今がある。

だからこそ、このコロナウィルスの影響で日本のトッププロが国内にいる状態で、何かをジュニアや学生に与えたい。

そうすれば、彼らがまた次に「与える側」に回ってくれるんじゃないかと。

+POWER CUPの大会に、プロ選手枠で帰ってきてくれることが理想ですよね。

そうやって恩を回していく、テニス界の中でつなげていくことができれば、プロ志望選手がプロになり、より力を発揮しやすい環境になるのではという考えがベースになっています。

これって、レベルは違いますが私自身も経験してきたことです。

ずっと書いてきましたが、テニスは1人では成長できないし、きっかけも掴めない。

どういう人と、どういう時間を共有するかが大事。

改めて、こういうきっかけは今後もテニス界に必要だなと感じています。

まだまだ、多くの反省点はあります。

個人的には大会認知度を上げるところ、今後観客を入れての大会に発展させていくところには大きな課題感を感じています。

ですが、私自身もこの大会を通じて成長させて頂きました。

この恩を回していくなら、第2回、第3回と続けていくことが一番でしょう。

ぜひ、これからもT-PRESS読者のみなさんは、この大会を見守って頂きつつ、ご自身のテニスのきっかけや刺激にして頂けると嬉しいです。

今後も、よろしくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる

    試合が強くなる、テニスが上手くなる人には「良い練習相手」が集まってくる…

  2. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ

    テニスコーチにテニスを習っている、または部活でたまに指導してもらってい…

  3. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い

    一年生の部活での立場、皆さんどうでしょうか?実際に部員が多いと…

  4. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

  5. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント

    今までは、自分のテニスが「不調なとき」にスポットを当てる機会が多かった…

  6. その他

    勉強でも仕事でも、テニスでも強い人は〇〇

    読者のみなさんは、恐らくテニス中心の生活の方が多い。もちろん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安…
  3. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なもの…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
  5. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
PAGE TOP