ダブルス

意志は大胆な行動で、見せる

最近YouTubeで、土居コーチの女子ダブルスレッスンの動画を更新してます。

そこで、改めて私自身が気付くことは、「センターを死守することの重要性」です。

ダブルスで強いペアが、必ず意識していること。

勝ち切れない人は、中途半端になっている点。

もっと言えば、日本人がちょっと国民性として苦手にしているところ、だと思います。

だからこそ、強烈に意識をして変えていく。

強い意志があるところに、上達がある。

女子ダブルスでも、非常に大事なポイントだと思います。

死んでも止める、抜かせない

大袈裟な話ではありません。

とにかく、絶対に相手に抜かせない。

ダブルスにおいて「センターを抜かれる=2人の間を抜かれる」というのは、絶対にNGなんです。

なぜなら、相手はリスクを冒さないで、楽にポイントが取れているということですから。

コートの端を狙わないで、ネットの低いところ(センター)を通されるということは、一番まずい。

まずはここを、しっかりと止める。

死んでも止める、相手が打つ前に動いてでも、止める。

この強い意志がある人にこそ、上達があるんです。

みんな、変えるのが怖いだけ

「でも、そうすると自分の担当のサイドが抜かれるのが怖い…」という方が、多いと思います。

センターと違い、自分の担当の外側が抜かれる=自分のミス、という雰囲気になりますからね。

でも、それって…どうでしょう。

結局は、自分が責められるのが怖いだけなんですよ。

センター、つまりは2人の中心を抜かれると責任ってぼやけるじゃないですか。

何となく、個人の責任ではなくペアの責任のような感じになる。

だから、失点でも意識が甘くなりがちなんです。

そしてずっと、その後もずっと、センターを抜かれまくる。

セオリーで分かっていても、自分が責められるのが怖いからセンターへの意識が甘くなる。

まず、ここを変えていく勇気がみなさんには必要です。

それくらい、意識を変えてポジションを変える、死んでもセンターは抜かせないという強い意志を持ちましょう。

理屈の前に、やってみる!

ここまで言っても、?の方はとにかくやってみましょう。

2対2のボレーボレーの練習だと、すごく分かりやすいです。

ペアで2人の距離感を一定に、すごく近づいてみる。

そうすると、センターは絶対に抜かれないですから。

私は昔、学生時代のペアと腰で紐をつながれて、「絶対に離れない」という縛りを入れて練習したことがあります。

もう、大変ですよ、その紐は2メートルくらいしかないですから。

ほぼずっと、近くにいる感覚です。

それくらいの意識で、ちょうど良いんですよね。

相手にサイド、横を抜かれるのはOK。

とにかく2人の間だけは、絶対に詰めて死守する。

大胆に意識を変えること、行動を変えること、そこから見えてくるものがある。

理屈は、捨てましょう。

やってみれば分かります。

相手を見れば、嫌がっているのが分かります。

特に女子ダブルスでは、この意識だけでグッと強くなるはずです。

ぜひ、こちらの動画も併せてご覧頂けると分かりやすいかと思います。

土居コーチが必死に伝えたいこと、センターへの意識。

ポジションを大胆に変えていく、行動して実感していくことが大事です。

そうしないと、10年先も同じことを言われ続ける。

勝ちたいなら、大胆に変える。

センターへの意識だけで、ダブルスは変わります!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさせよう

    ダブルスの試合で前衛がポーチに動く、その後の動きは曖昧になりがち。…

  5. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能…
PAGE TOP