ダブルス

意志は大胆な行動で、見せる

最近YouTubeで、土居コーチの女子ダブルスレッスンの動画を更新してます。

そこで、改めて私自身が気付くことは、「センターを死守することの重要性」です。

ダブルスで強いペアが、必ず意識していること。

勝ち切れない人は、中途半端になっている点。

もっと言えば、日本人がちょっと国民性として苦手にしているところ、だと思います。

だからこそ、強烈に意識をして変えていく。

強い意志があるところに、上達がある。

女子ダブルスでも、非常に大事なポイントだと思います。

死んでも止める、抜かせない

大袈裟な話ではありません。

とにかく、絶対に相手に抜かせない。

ダブルスにおいて「センターを抜かれる=2人の間を抜かれる」というのは、絶対にNGなんです。

なぜなら、相手はリスクを冒さないで、楽にポイントが取れているということですから。

コートの端を狙わないで、ネットの低いところ(センター)を通されるということは、一番まずい。

まずはここを、しっかりと止める。

死んでも止める、相手が打つ前に動いてでも、止める。

この強い意志がある人にこそ、上達があるんです。

みんな、変えるのが怖いだけ

「でも、そうすると自分の担当のサイドが抜かれるのが怖い…」という方が、多いと思います。

センターと違い、自分の担当の外側が抜かれる=自分のミス、という雰囲気になりますからね。

でも、それって…どうでしょう。

結局は、自分が責められるのが怖いだけなんですよ。

センター、つまりは2人の中心を抜かれると責任ってぼやけるじゃないですか。

何となく、個人の責任ではなくペアの責任のような感じになる。

だから、失点でも意識が甘くなりがちなんです。

そしてずっと、その後もずっと、センターを抜かれまくる。

セオリーで分かっていても、自分が責められるのが怖いからセンターへの意識が甘くなる。

まず、ここを変えていく勇気がみなさんには必要です。

それくらい、意識を変えてポジションを変える、死んでもセンターは抜かせないという強い意志を持ちましょう。

理屈の前に、やってみる!

ここまで言っても、?の方はとにかくやってみましょう。

2対2のボレーボレーの練習だと、すごく分かりやすいです。

ペアで2人の距離感を一定に、すごく近づいてみる。

そうすると、センターは絶対に抜かれないですから。

私は昔、学生時代のペアと腰で紐をつながれて、「絶対に離れない」という縛りを入れて練習したことがあります。

もう、大変ですよ、その紐は2メートルくらいしかないですから。

ほぼずっと、近くにいる感覚です。

それくらいの意識で、ちょうど良いんですよね。

相手にサイド、横を抜かれるのはOK。

とにかく2人の間だけは、絶対に詰めて死守する。

大胆に意識を変えること、行動を変えること、そこから見えてくるものがある。

理屈は、捨てましょう。

やってみれば分かります。

相手を見れば、嫌がっているのが分かります。

特に女子ダブルスでは、この意識だけでグッと強くなるはずです。

ぜひ、こちらの動画も併せてご覧頂けると分かりやすいかと思います。

土居コーチが必死に伝えたいこと、センターへの意識。

ポジションを大胆に変えていく、行動して実感していくことが大事です。

そうしないと、10年先も同じことを言われ続ける。

勝ちたいなら、大胆に変える。

センターへの意識だけで、ダブルスは変わります!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効

    ダブルスの試合、雁行陣で粘り強い相手は、嫌ですよね。後衛同士の…

  3. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

  6. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

    ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。そこから味方の前衛が動いた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認して…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認
  3. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認
PAGE TOP