テニス メンタル

戦術

テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。

強い側の選手、格上の選手が、どんどん先に動いていく。

弱い側の挑戦者は、動く気があるのか無いのか・・・とにかく、いつも通りの感じで負けていく。

こういう試合を、どこかで変えていかないといけない。

そう、もしアナタ自身が格上選手に勝ちたい、と本気で思っているなら、です。

 

テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

 

1.なぜ、弱い選手は「動けない」のか

まず、なかなかコントロール出来るボールが来ないですよね。

相手のサーブはもちろん、自分のサーブから相手のリターン、でも押し込まれる。

こういう気持ちだと、まずもって動くことは難しい。

自分でボールをコントロール出来る自信が無くなってしまいますからね。

格上相手に必要なのは、まずこの凹んでしまいそうな自分に打ち勝たないといけない。

そこからが、動くテニスのスタートです。

 

2.相手が強いから動けない、と思うのは勘違い

「そもそも、打てる球なんて来ないんだから・・・」と、諦めている方。

ここは視点を変えましょう。

強い相手のボールを、しっかりコントロールすると考えるから難しい。

動く、ということは、ボールを打っていない選手も含まれます。

フェイントを入れたり、ポーチに出たり、強い相手にこそ「ボールを打っていない選手」が動けるかどうか。

リターンのポジションを前、に設定することも大事ですね。

サーブが良い選手に、下がってリターンしても難しいことが多いですから。

こういう小さい抵抗に、相手はプレッシャーを感じてくる。

まさに「動いている」感じになりますよね。

こういう作戦は、弱い側の選手、こそやらないといけないんですよ、絶対に。

 

3.強い格上相手の、心を動かそう

「面倒だな・・・」と、まずは感じてもらう。

考えてもらって、いつも通りのテニスをさせない。

これを、出来るだけ試合の序盤に作っておく、見せておく。

そうすると、相手もだんだん心が揺れてくる、不安になってくるんですよね。

自分が動くことで、相手を動揺させる。

まさに心を動かす、ということですね。

強い相手と試合をするときには、この覚悟と準備が大事なんです。

 

4.「今日はアナタに、勝ちます」という意志表示、を

しっかり出来てますか?

どこか目標としているような選手、との対戦だと、つい対戦だけで満足してしまう。

試合前から、いかにあっさり負けないか・・・くらいの考え、になってしまう。

それでは、まず勝てないでしょう。

「今日はアナタの勝ちます、その為に、私は動きます」という宣言をする。

そう、序盤の行動で宣言して、相手にプレッシャーを与えていく。

動ける選手が多くなれば、テニスの試合はもっとジャイアントキリング、が起きるはず。

ぜひ、アナタ自身意識してみて下さい。

 

やっぱり、なかなか出来ないと思います。

格上相手に試合で向かっていく、のは簡単じゃない。

でも、勝ちたいならその簡単じゃないことに立ち向かっていかないと。

その経験、必ずアナタの糧になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう

    試合でしっかり、相手を観察すること。この重要性は、何度も書いて…

  2. 戦術

    勝ち方を見つける、という技術

    テニスの試合には、引き分けはありません。タイブレークのような…

  3. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

    テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。ここを、どう過ごすの…

  4. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

  5. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か…

  6. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に
  2. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?
  3. テニス 戦術

    その他

    テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する
  5. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
PAGE TOP