戦術

「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です

皆の普段の練習メニューはどんな感じだろう。

ボール出し練習も入れるだろうが、やっぱりラリー練習が殆どだと思う。

試合形式はそんなに大人数で出来ないからね。

その時の練習相手はどんな人?

仲は良い?

いつも一緒にやってる相手かな?

 

「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です

 


 

「一緒に強くなろう!!」と励まし合える仲間と練習出来ることは、素晴らしい。

だけど、打ち合っている以上、相手は敵なんだからラリー練習と言えども、やっぱり相手に何かをしないといけない。

お互い相手を気持ちよくラリーさせるようなショットばかりじゃ、試合の時にも倒したい敵の調子を上げるテニスになってしまうよ。

もちろん、限られたスペースの中でのラリー練習だから、右に左に相手を揺さぶったり出来ない場合が多いと思うし、攻撃的に打とうとし過ぎてミスばかりするのもダメ。

じゃあラリー練習の中ではどんなことをして打ち合っている相手に、「ん?なんかやりにくいな・・・」と思わせることが出来るだろう

まずは緩急をしっかりとつけること。

特にゆっくりのショット、これをメインに行いながら打ち込むチャンスが来るのを待って、いざチャンスが来たら自分の持っている速いショットを咄嗟に切り替えて使えるようにする。

黙々と同じ所に打ち続けるラリー練習していても、この流れで行えば試合の流れやイメージも掴み易い。

 

それからショットの種類を変えてみるのも重要だね

トップスピン系のストロークを打ちながらスライスを混ぜるなんてことは必ず練習しておこう。

特にスライス打った後にしっかり踏み込んでトップスピンを掛けられなくなる人って多いからね。

トップスピンから急にスライス、スライスラリーから急にトップスピンで打ち込み・・・・などの練習は必須!

 



 

軸足の切り替えもしっかり練習しておきたい

後ろ足を軸足にしたオープンスタンス系のラリーから、一気に前足を軸にした踏み込み系のライジングショットは何度も練習しながら身体に覚えさせないと試合では絶対ビビって使えない。

とにかく色んなショットの組み合わせや切り替えを行いながら、打ち合っている練習相手がどんな時にやりにくそうか観察しておこうね。

仲の良い練習相手でも、打ち合っている以上は敵として調子を落とさせるつもりでラリー練習を行おう。

でも、その練習相手も同じように色々仕掛けてきたら、それこそ良いラリー練習に発展していくよ。

「力を合わせて、ラリーを続けようね!」

なんてラリー練習は初心者のうちだけ!

ラリー練習は戦いだ。

相手をぶっ潰せ!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

  2. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

    どうも最近、自分の成長が止まっている気がする。今いるカテゴリ、…

  3. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない

    T-PRESS上では、何度も書いて来ました。「準備で差が出る…

  4. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合では、「どこに打ちたいか」よりも、「どこに打てるか」で考えないと

    試合では、やっぱり現実的に戦うこと。これが出来る人が、コンスタ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事

    テニスの試合で、どうしようも無い時、はあります。例えば、サーブ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから
  2. テニス リターン

    ストローク

    自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?
  4. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!
PAGE TOP