テニス メンタル

日々の雑記

理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける

すっかり涼しくなって、まさに夏が終わって秋・・・という感じですね。

テニスもやりやすい、これから試合も増えていく時期だと思います。

とはいえ、こういう時期が一番体調管理が難しい。

夜に冷房を付けるのか、付けないのか・・・だけでも、翌日の試合の体調に大きく関わってくることでしょう。

とにかくこういう時期は、しっかり食事を摂って早く寝る、リズムを自分から作っていくことが大事。

「当たり前だろ・・・」と思うことを、試合1週間前くらいからは意識して欲しいと思います。

 

ところで最近、ご意見を頂くケースが多いのが・・・。

「難し過ぎて、よく分からない記事が多い」

「上級者向けの内容ばかりで、参考にならない」

「弱小部活のチームなので、アドバイスが出来る技術が無い」

という内容を、多く頂いております。

これは私自身、本当に反省、です。

 

私も日々ネタを探す中で、「どうせなら、周りがまだ見つけていないようなコツを探したい!」という意識が強くなって、内容が偏ってきていたかも知れません。

読み返してみると、確かにテニスをこれから始める、または始めて間もない方からすると、訳の分からない内容の記事ばかりだなと。

もちろん、「参考になります!」という声もたくさん頂くのですが、もっと初心に帰って、基本に忠実な丁寧な記事も増やしていきたいと思っています。

 

思い出せば、私がテニスを始めたころは・・・結構「何でもやりたい!したい!」という感じでした。

ふと思い出してみると、結構身の程知らずというか、理想だけ高くて口ばっかり、全然実力が付いてきていなかったようにも思います。

でも、今思えば、それで良いんだと思います。

高い理想を持たないと、人はそこに到達することが出来ない。

テニスでも同じです。

「こういうショットが打ちたい」

「こういう選手になりたい」

「こういう試合がしたい」

と思ってからが、スタート。

だからこそ、私は初心者の方にも、ぜひ「パッと見て、分からないような記事」でも読んで欲しいと思っています。

読んでも全然分からない、ピンと来ない内容、がほとんどでしょう。

でも、不思議と読んでいるうちに「出来るかも・・・何となく、分かってきたかも・・・」というタイミングがあるはずなんです。

 

毎日数時間、テニスを練習している人も、本当に理想を高く持てているのか。

どこかで、自分の成長を諦めてはいないのか。

これは、ぜひ自問自答して欲しいんです。

私自身、試合に出ればコテンパンにされることも有り、凹んで帰る大会や試合も多いです。

でも、やっぱりもっとテニスが上手くなりたいし、理想は高く持っていたい。

だからいつか到達出来ると思うし、実際にイメージ出来たことは実現出来てきたという経験もあります。

 

読者の皆さんは学生の方から社会人、主婦の方やベテランまで様々だと思います。

皆さんの理想とするテニス、どんなテニスでしょう?

少しでもそのヒントになる、近付ける役目を果たしていける場でありたいと思っています。

これからも、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. 日々の雑記

    アドバイスは魚、釣り方を覚えないと

    テニスにおいて、アドバイスは無限にある。だからこそ、みなさんに…

  2. 日々の雑記

    川口能活、という選手について語りたい

    あれは確か、私が小学5年生の冬だったと思う。世の中は、Jリーグ…

  3. 日々の雑記

    私たちのテニスは、右脳的に

    もっと、私たちのテニスの可能性は無限にある。これは、何度もT…

  4. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い

    「テニススクールのアルバイトをしていますが、人間関係で悩んでいます」…

  5. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る

    みなさんは、自分の中で大切にしている「言葉」ありますか?最近、…

  6. 日々の雑記

    人の悪口は、100倍増し

    テニスを続けていると、色々な人間関係が生まれます。実は、T-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げ…
  2. テニス 壁打ち

    ストローク

    テニスの壁打ち、ペースを上げてやってみよう
  3. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に
  4. ストローク

    「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンド…
  5. テニス ミス

    メンタル

    「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメ…
PAGE TOP