テニス メンタル

ダブルス

「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、「ローボレー」です。

ダブルスの並行陣や、シングルスの試合ではアプローチショットからさらに前に詰めるときに使用したり、意外と使用頻度が高いこのショット。

特に最近のテニスはストローク主体ですので、がっつり沈められたらネットプレーが得意な選手も結構しんどいですよね。

そこで今回は、ダブルスで変則的な陣形を敷くことで、ローボレーを打つ機会をなるべく減らしていくような作戦が取れないか。

大胆な陣形ですが、練習して準備すれば試合でオプションとして使えるはずです。

 

「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

 


 

■テニスはポジションを自分で変えられるスポーツ

テニスというスポーツは、ポジションは決められていません。

サーブを打つ順番、リターンの順番は決まっていますが、基本的にはどこにいてもOK。

もちろんルール上は相手の邪魔をしない、など細かい部分はありますが、要は自分で考えて工夫できるということ。

さらにはテニスはノーバウンドでの返球もOKなスポーツですので、前にいくことで自分の「足元」に打たれる機会を減らすこともできます。

その分後ろが空いてしまいますが・・・ここは思い切って、捨てるときは捨てましょう。

特に強いダブルスペアを相手にしたときには、メリハリを付けて戦うことが重要です。

 

■雁行陣や並行陣はあくまで基本、上のレベルの試合では・・・

雁行陣や並行陣のセオリーを覚えれば、その弱点も見えてくるはずです。

どちらも前衛と後衛があり、後衛はある程度守備的なポジションでラリーを作っていく役割を担っています。

ですので、強い相手と対戦したときにはこの後衛がいかに耐えて、粘れるかどうかがポイント。

ローボレーも、並行陣の後衛では必須の技術ですが、格上相手ではなかなか深いボレーを返球し続けるのも難しい・・・。

そこで、どうしても押されてしまう場合には、思い切って2人で前衛、2人で後衛というような陣形を作って相手を揺さぶりましょう。

格上相手にセオリー通り戦うだけでは、普通に考えて厳しいスコアになります。

 

■2アップ、2バックの陣形は、状況に応じて出し入れが必要

2人が前衛の2アップは、まずサーブ&ボレーやリターンダッシュから、並行陣を作ります。

そのまま後衛が前衛を追い越すくらい、前にいきましょう。

ローボレーが必要なサービスラインあたりに、留まってはいけません。

思い切ったフットワークと決断力が求められます。

前衛も下がり過ぎなくてOK、ナイスロブが来たらそれは仕方無いと思って捨てましょう。

相手が力んでミスしてくれたり、気付かずにクロスに打ってきたボールを仕留めるのを狙います。

2人が後衛となる2バックは、まずはしっかり2人で後ろで粘ること。

シンプルに縦割りにして、1人が半面を担当する形が最初は分かりやすくてお勧めです。

これも相手のミスを誘いつつ、浅いボールは2人で前にチャージして一気にネットプレーに持ち込むのが狙いです。

 

テニスの試合では、なるべく多くのオプションを持っておいたほうが良い。

格下との試合では必要無くても、格上ペアには自分たちから先手を打って仕掛けていく必要があるのです。

相手に「見慣れていない風景」を、いかに試合の中で見せていけるか。

自分たちの工夫次第で、ローボレーを減らすだけでなく新しい陣形もマスターしましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方

    ダブルスの試合で、ボールを打っていない選手の動きはどうか。こ…

  2. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思う

    ダブルスの試合、前衛の選手は動きが激しい。ボールを打っていなく…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  6. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

    私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない
  2. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい
  4. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!
  5. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道
PAGE TOP