テニス ストローク

ストローク

ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。

これは、特にダブルスで必要な技術、ですよね。

これについて、私には少しこだわりがあります。

後ろから打つ、だけでボレーヤーに勝てる選手は限られている。

だからこそ、ボレーヤー相手には考え方を変えた方が良い。

私はそう思いますよ。

 

ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

 

1.後ろから打ち抜ける選手なんて、限られている

みなさん、これに躍起ですよね。

いつも後ろから、ノータッチで抜くことに必死。

結果的に、ネットかサイドアウト。

そんな試合ばかりじゃないですか?

後ろから打ち抜くには、速いフットワークとコンパクトで正確なパッシングショットが必要。

なかなか、試合の緊張する場面でそれは難しい。

私は、そう思います。

 

2.勝負するなら、前に入ろう!

私は、この意識でプレーしています。

ボレー対ストローク、の戦いになったら、やっぱりボレーヤー側が優位。

ある程度厳しく深いボール、は正直ロブでしか返球出来ない。

だからこそ、私は後ろからどこかで前に入る、ようなショットが必要だと思っています。

繰り返し書いて来ましたが、しっかり相手の足元に打って前に出る、というショット。

回転をしっかりかけたショット、で相手に低い位置でボレーさせて、前に入る。

サービスラインくらいで、相手のボレーを自分もボレーで返球する。

そこからは、もうボレー対決を挑んでいく。

この方が、しっかりポイントが取れるイメージは無いですか?

 

3.相手の足元に打てるショット、を磨いていこう

特に、ダブルスで並行陣を相手にしたときには、必要です。

足元に打てる自信があれば、「打ちながら前に入る」ことが出来ますからね。

このショットが打てれば、しっかりダブルスを戦える。

打てなければ、後ろからリスクの高いショットばかり、になりますから。

その差はそのまま、スコア差になって現れるでしょう。

 

4.スライスかスピン、まずはどちらかを磨いていこう

もちろん、理想は両方を打てること。

でも、まずはどちらかをしっかり磨いていくこと、が大事。

スライスでもスピンでも良いので、しっかり振り切って相手の足元に打てる。

このショット、真剣に磨いていかないと試合で戦えないですよ。

何より、前に入れない。

前に入ること、がボレーヤーを倒していく唯一の手段。

もちろん、ロブやパッシングショットもありますが、強い相手はそう簡単に抜かれない。

だからこそ、しっかり磨いてほしい足元のショット。

これが、私の願いでもあります。

 

足元へのショット、から前に入るプレー。

ぜひ、ダブルスで磨いてみて下さい。

リターンでも出来ると便利ですし、プレーにすごく幅が出ます。

低い位置でボレーさせて、そこからボレー戦に持ち込んでいく。

学生の方も社会人、シニアの方も、必須の技術だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス クレーコート
  2. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

  3. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

    試合の中で、相手のボールが深く入って来る。このプレッシャーっ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケ…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

    浅いボールを攻撃していきたい、ストロークでそう考えている方は多いでしょ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェックしよう

    いつも通りに打つこと、がテニスでは本当に難しい。実際には風の影…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!
  3. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう
  4. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、し…
PAGE TOP