テニス ボレー

ストローク

相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。

なぜなら、バランスの良いポジション、はあっても完璧なポジションは無いからです。

だからこそ、相手のポジションに応じて有効な攻撃方法というのは、それぞれ頭に入れて実践出来るようにしておかないと、試合では勝てません。

今回は相手がネットプレーに出てきて、それでもポジションが少し後ろ、サービスラインくらいに立っていることを想定して

 

相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

 


 

■ネットプレイヤーは、ポジションによって守備力と攻撃力が異なる

一言で、相手がネットに出てきている、ネットプレイヤーと言ってもそのポジションは微妙に違う。

ネットにピッタリ詰めている相手は、攻撃力があっても守備力が低い、後ろが空いている状態。

逆にネットから離れていると、守備力は高いですが攻撃力は低い、という感じになります。

相手をよく観察しながら、どのポジションにいるかで判断できる、攻撃手段を選択できるようにしておきましょう。

沈めたら前に詰める、なぜなら相手は低い位置からボールを持ち上げないといけないからです。

 

■ネットプレイヤーの足元、に打つ練習は必須です

普段のボレー対ストロークの練習の中で、しっかり「足元」に打てるように練習しておきましょう。

ネットから近い位置にいるボレー対ストロークでは、この練習は出来ない。

サービスラインより一歩、ネットに近いポジションでしっかりストロークとラリー出来るように。

そしてストローク側の選手は、しっかり回転をかけて足元に打てるように、を意識して練習しましょう。

それがより、実践的な練習になるはずです。

 

■相手の足元にストロークを打つ、コツとは・・・?

では実際、どうやってストロークを足元に打つのか、そのコツは・・・?

まず回転量を多くしたいですよね。

スピン系であれば、ワイパースウィングと呼ばれる形でフォロースルーをあまり前に出さないようにしたい。

ラケットを縦に動かして、打点を前に取る。

相手の足元に沈む、ということはネットを越えて失速する、という軌道をイメージして練習しましょう。

コンパクトに打てると、前に動いていくフットワークと合わせやすいですよね。

思い切りラケットを振り回す形だと・・・きっと、前にいくどころでは無いはずです。

 

足元に打てると、ボレーヤーは嫌。

そしてその足元のボールを嫌がって前に出てくると、今度はロブが有効になります。

アナタに必要なのは、ストローク対ストローク、のラリーから「何を変えて、ネットプレイヤー用にするのか」という部分だと思います。

自分の中でハッキリ変える部分、を決めておくと良いと思います。

ボレーヤー相手のストロークが得意!になると、きっと勝てる試合が増える。

意識して、頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイント4つ

    「ライジングショットを、試合で打つのは難しい」という感覚を持っている方…

  3. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開

    相手のバックハンドを狙って、攻撃的に展開していく。誰しもが、試…

  4. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備してみよう

    シングルスの試合、ストロークで主導権を握りたい。そう思っていて…

  5. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために

    練習の時って、どれだけ速いショットが打てるかを意識して頑張ってしてしま…

  6. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

特集記事

  1. テニス 部活

    テニススクール

    テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」と…
  2. テニス リターン

    リターン

    試合でリターンが全く入らなくなったときには、「まずサーブの落下地点をしっかり見る…
  3. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
PAGE TOP