テニス ボレー

ストローク

相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。

なぜなら、バランスの良いポジション、はあっても完璧なポジションは無いからです。

だからこそ、相手のポジションに応じて有効な攻撃方法というのは、それぞれ頭に入れて実践出来るようにしておかないと、試合では勝てません。

今回は相手がネットプレーに出てきて、それでもポジションが少し後ろ、サービスラインくらいに立っていることを想定して

 

相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

 


 

■ネットプレイヤーは、ポジションによって守備力と攻撃力が異なる

一言で、相手がネットに出てきている、ネットプレイヤーと言ってもそのポジションは微妙に違う。

ネットにピッタリ詰めている相手は、攻撃力があっても守備力が低い、後ろが空いている状態。

逆にネットから離れていると、守備力は高いですが攻撃力は低い、という感じになります。

相手をよく観察しながら、どのポジションにいるかで判断できる、攻撃手段を選択できるようにしておきましょう。

沈めたら前に詰める、なぜなら相手は低い位置からボールを持ち上げないといけないからです。

 

■ネットプレイヤーの足元、に打つ練習は必須です

普段のボレー対ストロークの練習の中で、しっかり「足元」に打てるように練習しておきましょう。

ネットから近い位置にいるボレー対ストロークでは、この練習は出来ない。

サービスラインより一歩、ネットに近いポジションでしっかりストロークとラリー出来るように。

そしてストローク側の選手は、しっかり回転をかけて足元に打てるように、を意識して練習しましょう。

それがより、実践的な練習になるはずです。

 

■相手の足元にストロークを打つ、コツとは・・・?

では実際、どうやってストロークを足元に打つのか、そのコツは・・・?

まず回転量を多くしたいですよね。

スピン系であれば、ワイパースウィングと呼ばれる形でフォロースルーをあまり前に出さないようにしたい。

ラケットを縦に動かして、打点を前に取る。

相手の足元に沈む、ということはネットを越えて失速する、という軌道をイメージして練習しましょう。

コンパクトに打てると、前に動いていくフットワークと合わせやすいですよね。

思い切りラケットを振り回す形だと・・・きっと、前にいくどころでは無いはずです。

 

足元に打てると、ボレーヤーは嫌。

そしてその足元のボールを嫌がって前に出てくると、今度はロブが有効になります。

アナタに必要なのは、ストローク対ストローク、のラリーから「何を変えて、ネットプレイヤー用にするのか」という部分だと思います。

自分の中でハッキリ変える部分、を決めておくと良いと思います。

ボレーヤー相手のストロークが得意!になると、きっと勝てる試合が増える。

意識して、頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について

    最近、読者のみなさんから頂くご質問で多く頂きます。ストロークの…

  2. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・・・」人に贈る対策と…

    相手のバックハンド側を狙って試合を展開しているのに、なぜか回り込まれて…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  4. ストローク

    「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングについて

    色んなタイプの選手がいるけど、強烈なフォアハンドストロークを武器にして…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ

    スライスを武器にしたい、でも何をすれば・・・?と悩んでいる皆さん。…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

特集記事

  1. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない
  2. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  4. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう
PAGE TOP