テニス スライス

ストローク

シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

シングルスの試合で、苦戦するショットの代表格。

それは、バックハンドのスライスショット、じゃないでしょうか?

学生の皆さんの中には、「あまり、相手は打って来ないな・・・」と思う方も多いかも知れませんが、一般やベテラン、シニアの試合はこれが生命線。

シングルスならではの使い方、対応の仕方を覚えておかないと、試合で痛い目に遭う可能性が高い。

渋いショット、だけど使えるショット。

そのスライスストロークをぜひ、自分からバックハンドで打っていけるように練習していきましょう!

 

シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

 

1.しっかりと肩を入れる

これがまず、基本です。

相手方向に、背中を向けるくらい、しっかり肩を入れて構える。

この勇気を持つことが、まずバックハンドスライスのストロークを打てるかどうかのスタートラインです。

自分の背中を、相手に向ける。

そこから、ゆったり大きく振り出していく。

片手バックハンド、両手バックハンド両方に共通する基本です。

 

2.高い位置からラケットを入れる

これはぜひ、初心者の人にも試して欲しい。

スライスって、ボールの下をこするようなショットじゃない。

上から抑えて、しっかり回転をかけて相手を追い込むショット、ですからね。

ラケットの準備を高い位置、にセットして、打点に対して上から入る。

「それだとボールが下に飛ぶんじゃ・・・?」と思うかも知れませんが、打点さえ前に取れれば大丈夫。

速い準備と、速いラケットの振り出しで、ぜひ打っていってみて下さい。

 

3.手首を固める

しっかり、自分の手首の形を決めること。

そしてその手首を固定したまま、打ち始めて打ち終わること、がスライスのストロークでは大事です。

つい、手首をつかってボールを飛ばしたいと思って、打つ瞬間に伸ばしたりする人が多い。

でもそれって、結局安定しないし、手首を痛める元にもなったりします。

しっかりと手首を固定して打つ意識、特に男性のプレイヤーの方には大事でしょう。

 

4.打つ方向へラケット面でコントロール

スライスは、ラケット面の意識が特に大事。

クロス、ストレート、打ち分けはしっかりラケット面で行う意識、を持ちましょう。

スウィングでボールをコントロールする、というよりは、ボールに対してどういうラケット面で当てていくのか。

クロス方向に打つならボールの外側、ストレートに流すならボールの内側、を触っていくという意識が何より大事になってきます。

打つコースを決めたら、どういうインパクトにするのか、を早めに判断して準備していきましょう!

 

5.フォロースルーを大きく上に取ろう

上手い選手のスライスを見ていても、気付くと思います。

打った後、にしっかりラケットを前に出していく。

打点で終わり、じゃないんですよね。

フォロースルーをしっかり前に出して、ボールに勢いを乗せていく。

スライスに慣れていない人って、インパクト、打点でスウィングを終えてしまう。

そうじゃなくて、ボールは線で捕らえるイメージ。

打点、というとつい点で捕らえがちですが、あくまで線で捕らえてその線はどんどん前に伸ばしていくというイメージで打っていきましょう。

 

バックハンドスライスが使えれば、相手はバックを攻撃し辛くなる。

根負けして、ストローク戦で粘りが無くなるんですよね。

こういう選手、試合では絶対に勝てない。

そしてアナタ自身は、負けない選手になる。

バックハンドストローク、男性の片手はもちろん、女性の方も両手で積極的に使っていくと試合で有効だと思いますよ。

シングルスの試合、自分の手数は多ければ多いほど良い、ですからね。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  2. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう

    スライス系のショットは「伸び」が武器となる。もともとパワーショ…

  3. テニス ドロップショット

    ストローク

    バックハンドがいつも浅くなる人が、見直したいストローク5つの基本

    試合の中で、バックハンドに苦手意識がある人は多いですよね。なぜ…

  4. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミングは?

    「準備を早く!」ストロークのショット練習の時に、そんなことを言…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態勢」から

    相手のボレーが深い中で、どうしてもベースライン上でストロークで対抗しな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  2. ボレー

    ダブルスの試合で、誘うことは出来ても決められる前衛は少ない
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理
  4. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに
PAGE TOP