テニス メンタル

ストローク

ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は、ラリーに安定感がある!

ストロークの基本、皆さんはどんなことを意識していますか?

私はいつも、とにかく速い準備をすること、これだけは徹底しています。

テニスコーチとして働く中で何名かの方には口を酸っぱくして言い続けてきましたが、どうやら何度言っても「ラケットを引くのはボールがバウンドしてから」という意識が根底にある人が多いようです。

これだと、バウンド後にボールが伸びる、テニス上級者を相手にしたときはまずラリーが繋がりません。

それに怪我も増えますし、とにかく良いこと無し、なのです。

 

ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は、ラリーに安定感がある!

 


 

■なんでそんなに余裕で待ってるの?

いつも気になります。

言い方は悪いですが、大してストロークの技術も無いのに、相手が打った後でもまだラケットの準備をしない。

ネットを超えてバウンドして、やっとラケットのテイクバックをスタート・・・どこにそんな余裕があるのか、私には理解できません。

テニスには「フォアかバック」しか無いのです。

それは相手が打った瞬間に分かること。

同時にラケットを準備し骨盤をターン、ボールを打てる場所に移動するのはそれからです。

 

■テニスでは、「準備しながら走る」という技術が求められる

準備の意識が高くても、テイクバックが遅い人。

それは、打てるポジションへ移動するので頭がいっぱいになり、ラケットワークが疎かになっているケースが多い。

ラケットをセットし、身体をターンさせながらボールを追うには、練習が必要です。

それも、活きたボールで行わないと意味が無い。

なぜなら球出し練習では、もう「その場所」にボールが出されると分かっているので、そりゃ準備も遅くなる。

しっかりラリー練習、できれば1面を使った練習の中で、この準備+フットワークの練習は磨いていかなければなりません。

 

■準備が遅い人は、結局スタンスも決まらない

ラケットの準備が遅いと、フットワークも曖昧になって「走りながら」のストロークになりがちです。

これでは、いつまで経っても試合で使えるような安定感のあるストロークは身に付きません。

相手が打った瞬間に、まずフォアかバックか、そして位置は?前後の移動は?回転量は?を、瞬時に判断しなければなりません。

判断しながら、もう身体は動かして出来るだけの準備をする。

早過ぎるくらいの準備で、一度ラリーを試してみて下さい。

 

変えるときは、とにかく思い切って。

速い準備を身に付けたいなら、もう相手が打つ前くらいにラケットを引いてしまうくらいの意識を持ちましょう。

「相手が打つ前なんて、フォアかバックかも分からないじゃん・・・」と思った方、この機会に「予測する」ということも覚えましょう。

テニスにおいて、技術を身に付けるときには分かりやすく、思い切って振り切れたくらいやってみるのが一番効果的だったりします。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない

    バックハンドを片手で打つ、シングルバックハンドのストロークの皆さん。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?

    スライスは得意ですか?俺は高校生の頃、バックハンドはスライスば…

  3. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から

    ストロークを飛ばす動力は・・・足である。足でボールを飛ばすのだ…

  4. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫!

    強い相手と対戦すると、前後左右に走る機会が多くなる。もはやこれ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう

    テニスの試合、特に男性の学生の方で多いのがこのタイプ。グリグリ…

  6. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから

    テニスを始めたばかりのころは、楽しくて仕方なかったフォアハンドストロー…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  2. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちまし…
  3. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける
  5. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて
PAGE TOP