練習メニュー

「すぐにでも、シングルスを強くなりたい!」人は、レベルに合わせた8の字ラリーをしっかり練習しよう!

シングルスに強い選手、憧れますよね。

誰でも一度は、団体戦で2-2で自分に回ってきてシングルス3で勝利上げて歓喜の瞬間を・・・なんて、考えるのではないでしょうか。

それでも、実際にシングルスの試合は難しい。

どこに打っても良い訳では無く、自分がカバーに走る部分も計算して配球しないといけない。

それでも大事なのは、まずしっかりクロスとダウンザラインに打ち分けられること。

定番の練習メニューについて、上手くカスタマイズしていく方法を今回はご紹介します。

 

「すぐにでも、シングルスを強くなりたい!」人は、レベルに合わせた8の字ラリーをしっかり練習しよう!

 


 

■プロ選手でも、ほぼ全員が行う8の字ラリーのドリル

8の字ラリー、というのを聞いたことはありますか?

やる内容はいたってシンプル。

1対1のシングルスコートでストロークラリーを、片方の選手はひたすらクロスに、その相手の選手はひたすらストレートに打ち合いながら、ラリーしていくというもの。

ですが初中級の選手や、自分のストロークスピードがコントロール出来ない人がやろうとすると、なかなか続きません。

クロスのボールが中央に流れたり、ダウンザラインのボールがサイドアウトしたり・・・と、散々な結果になってしまいます。

 

■コートの横の長さは、レベルに合わせて設定する

そこで工夫したいのが、コートの横の長さを短くすること。

シングルスのサイドラインよりも左右1メートルずつ内側にラインを引いて、このラリーを実践していましょう。

カラーコーンを置くなどして、目印を作っても良いと思います。

狭いスペースでは、走る距離も少なく戻るのも楽になるので、ラリーが繋がりやすくなるはず。

このラリーをしっかり打てるようになれば、少しずつ左右に距離を拡げていければOK。

最初からシングルスコート全開でやろうとすると、難しいので注意が必要です。

 

■90%の確率でミスしないショットスピードで続けることが大事

スピードはゆっくりでもOK。

徐々に慣らしていく感覚で、まずはしっかりラリーを繋げましょう。

しっかりとクロス、ストレート方向に、誰が見ても飛んでいると分かるような軌道でボールを打つこと。

90%以上成功するくらいの、自分のショットスピードで練習しなければ試合で使えません。

ポイントは、しっかり回転量を多くしたショットでラリーを継続すること。

この練習は、プロ選手もほとんどの選手が実施している実戦的な練習です。

とにかくミスを少なく、かつ厳しいコースを安全なスピードで打てるように、意識してみて下さい。

 

この練習が安定して出来るようになれば、試合でどういうことが起きるか?

もうこれは、「練習通りにやればOK」というスタンスに自信が生まれるはずです。

実際にレベルの高い相手とこの練習がしっかり出来れば、試合はもっと楽なはず。

クロスとストレートのしっかりとしたコントロール、が出来ればシングルスはそうそう簡単には負けません。

地味な練習ですが、部活の中でも効果的に取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスター…

  2. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう

    テニスは教わるもの?もちろん、そうやって始めてみんな最初は上達…

  3. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢を与えてみよう

    球出しからのラリー練習、皆さんでも実践している方は多いと思います。…

  4. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて

    テニススクールやサークル、部活でも実施した経験、ある方も多い3列ラリー…

  5. 練習メニュー

    ラリーを楽しみたい?甘えるんじゃないよ

    最近、私が練習していて感じること。私自身、テニスの練習ってこ…

  6. テニス 練習

特集記事

  1. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!
  3. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  5. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち…
PAGE TOP