練習メニュー

「すぐにでも、シングルスを強くなりたい!」人は、レベルに合わせた8の字ラリーをしっかり練習しよう!

シングルスに強い選手、憧れますよね。

誰でも一度は、団体戦で2-2で自分に回ってきてシングルス3で勝利上げて歓喜の瞬間を・・・なんて、考えるのではないでしょうか。

それでも、実際にシングルスの試合は難しい。

どこに打っても良い訳では無く、自分がカバーに走る部分も計算して配球しないといけない。

それでも大事なのは、まずしっかりクロスとダウンザラインに打ち分けられること。

定番の練習メニューについて、上手くカスタマイズしていく方法を今回はご紹介します。

 

「すぐにでも、シングルスを強くなりたい!」人は、レベルに合わせた8の字ラリーをしっかり練習しよう!

 


 

■プロ選手でも、ほぼ全員が行う8の字ラリーのドリル

8の字ラリー、というのを聞いたことはありますか?

やる内容はいたってシンプル。

1対1のシングルスコートでストロークラリーを、片方の選手はひたすらクロスに、その相手の選手はひたすらストレートに打ち合いながら、ラリーしていくというもの。

ですが初中級の選手や、自分のストロークスピードがコントロール出来ない人がやろうとすると、なかなか続きません。

クロスのボールが中央に流れたり、ダウンザラインのボールがサイドアウトしたり・・・と、散々な結果になってしまいます。

 

■コートの横の長さは、レベルに合わせて設定する

そこで工夫したいのが、コートの横の長さを短くすること。

シングルスのサイドラインよりも左右1メートルずつ内側にラインを引いて、このラリーを実践していましょう。

カラーコーンを置くなどして、目印を作っても良いと思います。

狭いスペースでは、走る距離も少なく戻るのも楽になるので、ラリーが繋がりやすくなるはず。

このラリーをしっかり打てるようになれば、少しずつ左右に距離を拡げていければOK。

最初からシングルスコート全開でやろうとすると、難しいので注意が必要です。

 

■90%の確率でミスしないショットスピードで続けることが大事

スピードはゆっくりでもOK。

徐々に慣らしていく感覚で、まずはしっかりラリーを繋げましょう。

しっかりとクロス、ストレート方向に、誰が見ても飛んでいると分かるような軌道でボールを打つこと。

90%以上成功するくらいの、自分のショットスピードで練習しなければ試合で使えません。

ポイントは、しっかり回転量を多くしたショットでラリーを継続すること。

この練習は、プロ選手もほとんどの選手が実施している実戦的な練習です。

とにかくミスを少なく、かつ厳しいコースを安全なスピードで打てるように、意識してみて下さい。

 

この練習が安定して出来るようになれば、試合でどういうことが起きるか?

もうこれは、「練習通りにやればOK」というスタンスに自信が生まれるはずです。

実際にレベルの高い相手とこの練習がしっかり出来れば、試合はもっと楽なはず。

クロスとストレートのしっかりとしたコントロール、が出来ればシングルスはそうそう簡単には負けません。

地味な練習ですが、部活の中でも効果的に取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

  2. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  3. テニス ハードコート
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニュー

    レベルの高いダブルスの試合では、必ずストレートリターンの展開が増えてき…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

    普段、みなさんも練習していると思います。ネットを挟んで、短い距…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

特集記事

  1. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  2. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い
  5. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
PAGE TOP