テニス フットワーク

ストローク

重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

重たいスライス。

テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょう。

重たいスピン、も苦労しますが、本当に良いスライスはスピンよりも厄介だと私は思います。

今回はその傾向と対策、アナタ自身が今日からでも出来る実践的なアイデアをまとめてみました。

圧迫感を感じない、スライス返球名人になりましょう!

 

重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

 

1.速いタイミングでラケットを振り出す

ストロークのときに、バウンドさせた時点でかなりピンチ。

重たいスライスは、それくらい脅威だと考えておいて下さい。

回転量が多いので、実際飛んでいる速度は遅くても・・・バウンドしてから加速する、ような感覚になるはずです。

実際に、バウンド後に全然弾まない、そんなスライスを打つ選手だって多い。

これを返球する為には、速いラケットの振り出し、ライジング気味に捉えることが基本です。

ボールがバウンドする前、くらいから前にラケットを振っていくイメージで準備しましょう。

 

2.ポジションを下げない

つい、ずるずる後ろに下がってしまいますよね・・・。

深いスライスは、後ろに下がってもより返球に苦しむだけ。

1.でも書きましたがしっかり前でさばく、そして出来るだけバウンド自体させないでボレーで返球する意識、を持ちましょう。

ベースライン上に立って、本当にオンラインくらい深いボールは、ボレーやドライブボレーで打って良い。

バウンドさせると厄介なのが、重たいスライスです。

 

3.ネットプレーを入れて相手に打たせない

これが、私が一番実践しているオススメテクニックです。

特に、相手のバックハンドですね。

片手でスライスのストロークが上手い選手には、どんどん前に出てスライスを打たせない。

パッシングショットのような場面を作って、スピンでミスを誘うくらいで良いでしょう。

後ろの打ち合い同士だと、安定感のあるスライス、で追い込まれてしまう。

ネットプレーを入れて、深いスライスを打たせないという発想は大事です。

特にシングルスの試合、でこそ活かされる作戦ですね。

 

4.スライスをスライスで返球する

普段のラリー練習で、スライスショットは使ってますか?

スライスショットは、スライスショットだと返球しやすい。

もちろんスピンでも返せなくはないですが、実際に低い打点の重たいスライスは、結構しんどいですよ。

みなさんの練習の中でも、積極的に「スライスを打ち合う」時間を作りましょう。

そうすることで、色々な試合の相手に立ち向かえるようになる。

気持ち良くスピンだけ、を打っているチームはスライスにすごく弱い。

学生のみなさんも、意識して欲しいポイントです。

 

スライスショットは、苦手意識があると試合で厳しい。

相手は、毎回重たいスライスを打っておけば良い・・・と思って、精神的にも楽になりますからね。

重たいスライス、絶対に試合で攻略しないと勝てない日が来ます。

その日の為に、まずは普段の練習からお互い混ぜていきましょう。

スライス、も普通に打てるし、打たれるし。

という環境、から作ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単

    ストロークで下がって打たない。意識はしてみるけど、やっぱり難し…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

    ネットに出て来た相手には、足下を狙う。テニスにおける鉄則ですよ…

  4. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

    フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。と言い…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す

    ストロークミスが多いとき、それは「低い打点」で打たされていることが多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  2. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  3. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  4. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ
  5. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず
PAGE TOP