テニス フットワーク

ストローク

重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

重たいスライス。

テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょう。

重たいスピン、も苦労しますが、本当に良いスライスはスピンよりも厄介だと私は思います。

今回はその傾向と対策、アナタ自身が今日からでも出来る実践的なアイデアをまとめてみました。

圧迫感を感じない、スライス返球名人になりましょう!

 

重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

 

1.速いタイミングでラケットを振り出す

ストロークのときに、バウンドさせた時点でかなりピンチ。

重たいスライスは、それくらい脅威だと考えておいて下さい。

回転量が多いので、実際飛んでいる速度は遅くても・・・バウンドしてから加速する、ような感覚になるはずです。

実際に、バウンド後に全然弾まない、そんなスライスを打つ選手だって多い。

これを返球する為には、速いラケットの振り出し、ライジング気味に捉えることが基本です。

ボールがバウンドする前、くらいから前にラケットを振っていくイメージで準備しましょう。

 

2.ポジションを下げない

つい、ずるずる後ろに下がってしまいますよね・・・。

深いスライスは、後ろに下がってもより返球に苦しむだけ。

1.でも書きましたがしっかり前でさばく、そして出来るだけバウンド自体させないでボレーで返球する意識、を持ちましょう。

ベースライン上に立って、本当にオンラインくらい深いボールは、ボレーやドライブボレーで打って良い。

バウンドさせると厄介なのが、重たいスライスです。

 

3.ネットプレーを入れて相手に打たせない

これが、私が一番実践しているオススメテクニックです。

特に、相手のバックハンドですね。

片手でスライスのストロークが上手い選手には、どんどん前に出てスライスを打たせない。

パッシングショットのような場面を作って、スピンでミスを誘うくらいで良いでしょう。

後ろの打ち合い同士だと、安定感のあるスライス、で追い込まれてしまう。

ネットプレーを入れて、深いスライスを打たせないという発想は大事です。

特にシングルスの試合、でこそ活かされる作戦ですね。

 

4.スライスをスライスで返球する

普段のラリー練習で、スライスショットは使ってますか?

スライスショットは、スライスショットだと返球しやすい。

もちろんスピンでも返せなくはないですが、実際に低い打点の重たいスライスは、結構しんどいですよ。

みなさんの練習の中でも、積極的に「スライスを打ち合う」時間を作りましょう。

そうすることで、色々な試合の相手に立ち向かえるようになる。

気持ち良くスピンだけ、を打っているチームはスライスにすごく弱い。

学生のみなさんも、意識して欲しいポイントです。

 

スライスショットは、苦手意識があると試合で厳しい。

相手は、毎回重たいスライスを打っておけば良い・・・と思って、精神的にも楽になりますからね。

重たいスライス、絶対に試合で攻略しないと勝てない日が来ます。

その日の為に、まずは普段の練習からお互い混ぜていきましょう。

スライス、も普通に打てるし、打たれるし。

という環境、から作ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない

    高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっ…

  2. テニス 戦術
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる

    テニスの試合で、どこにミスが出やすいのか。それって、実は「攻撃…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

    前に出たけど、頭上を抜かれる。または、ダブルスのパートナーが抜…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

    ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。トッ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

    私がつい最近、改めて感じた事。試合の中で崩れていく・・・ときの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 調子

    日々の雑記

    「恥」を知れば、テニスはもっと強くなる
  2. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  3. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  4. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
  5. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる
PAGE TOP