テニス フットワーク

ストローク

重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

重たいスライス。

テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょう。

重たいスピン、も苦労しますが、本当に良いスライスはスピンよりも厄介だと私は思います。

今回はその傾向と対策、アナタ自身が今日からでも出来る実践的なアイデアをまとめてみました。

圧迫感を感じない、スライス返球名人になりましょう!

 

重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

 

1.速いタイミングでラケットを振り出す

ストロークのときに、バウンドさせた時点でかなりピンチ。

重たいスライスは、それくらい脅威だと考えておいて下さい。

回転量が多いので、実際飛んでいる速度は遅くても・・・バウンドしてから加速する、ような感覚になるはずです。

実際に、バウンド後に全然弾まない、そんなスライスを打つ選手だって多い。

これを返球する為には、速いラケットの振り出し、ライジング気味に捉えることが基本です。

ボールがバウンドする前、くらいから前にラケットを振っていくイメージで準備しましょう。

 

2.ポジションを下げない

つい、ずるずる後ろに下がってしまいますよね・・・。

深いスライスは、後ろに下がってもより返球に苦しむだけ。

1.でも書きましたがしっかり前でさばく、そして出来るだけバウンド自体させないでボレーで返球する意識、を持ちましょう。

ベースライン上に立って、本当にオンラインくらい深いボールは、ボレーやドライブボレーで打って良い。

バウンドさせると厄介なのが、重たいスライスです。

 

3.ネットプレーを入れて相手に打たせない

これが、私が一番実践しているオススメテクニックです。

特に、相手のバックハンドですね。

片手でスライスのストロークが上手い選手には、どんどん前に出てスライスを打たせない。

パッシングショットのような場面を作って、スピンでミスを誘うくらいで良いでしょう。

後ろの打ち合い同士だと、安定感のあるスライス、で追い込まれてしまう。

ネットプレーを入れて、深いスライスを打たせないという発想は大事です。

特にシングルスの試合、でこそ活かされる作戦ですね。

 

4.スライスをスライスで返球する

普段のラリー練習で、スライスショットは使ってますか?

スライスショットは、スライスショットだと返球しやすい。

もちろんスピンでも返せなくはないですが、実際に低い打点の重たいスライスは、結構しんどいですよ。

みなさんの練習の中でも、積極的に「スライスを打ち合う」時間を作りましょう。

そうすることで、色々な試合の相手に立ち向かえるようになる。

気持ち良くスピンだけ、を打っているチームはスライスにすごく弱い。

学生のみなさんも、意識して欲しいポイントです。

 

スライスショットは、苦手意識があると試合で厳しい。

相手は、毎回重たいスライスを打っておけば良い・・・と思って、精神的にも楽になりますからね。

重たいスライス、絶対に試合で攻略しないと勝てない日が来ます。

その日の為に、まずは普段の練習からお互い混ぜていきましょう。

スライス、も普通に打てるし、打たれるし。

という環境、から作ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークを継続するには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  2. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

    「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多い…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

    ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  5. テニス 準備

    ストローク

    ネットプレイヤー相手に、ストロークを無理やり沈めようとしなくても大丈夫です

    相手が前に出て来ると・・・つい力んで、ミスしてしまう。それって…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5つ

    ダブルスの試合で、レベルが上がると増えてくるのが並行陣。高校生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには、サーブ側の前衛の仕事が不可欠です…
  3. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・…
  4. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよ…
  5. テニス ポーチ

    戦術

    試合の中で相手のブロックアウトを狙うのは、バレーボールだけじゃなくテニスも同じ
PAGE TOP