テニス テニスノート

戦術

相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

試合の中で、みなさんしっかり「間」を取れていますか?

ポイント間では、使って良い時間がある。

約20秒間、ちゃんと使えば結構長いし、試合でも効果的。

特にこういうとき、は効果的なはずです。

 

相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

 

1.相手のリズムを乱そう!とは、思わないこと

よく私も試合で聞きますが、あえて時間を取って相手を乱そうとする行為。

もちろん、揺さぶりという意味では大事です。

でも、本当に強い相手、自信がある相手は、多少時間を空けられたからといって気にしない。

相手のナイスポイントの後に、考えるべきは自分自身、と相手の客観的な事実について。

安易に、「ちょっと間を空ければ、乱れてくれるかな・・・」と期待するのは、止めましょう。

アナタ自身には、やるべきことがあるはずです。

 

2.ナイスポイントを、客観的に分析する

私は、相手のナイスプレーの後には検証の時間を設けています。

今のショットは、「たまたまなのか、それともこれからずっと入って来るショットなのか」という点。

もし、たまたま入ったショットなら、その後も打たせておけば良い。

でも、自信を持って打ったショットなら、きっと攻略しないと次もしっかり入って来る。

この分析の時間、として20秒間を使う、というイメージです。

ナイスポイント、を忘れるための時間じゃないですよ。

むしろ、しっかり向き合う為の時間、だと思っておいて良いと思います。

 

3.たまたまなナイスショット、の見極め方は?

打った後の、相手の姿を見てみて下さい。

「入る前提」で構えてますか?

次のポジション、は取れているかどうか?

このあたりをチェックすれば、そのショットが本人にとっても偶然だったのかどうか、は分かります。

入ることを前提としていない、打った後に構えていない、返球されたらもう終わり、みたいなショットなら気にしない。

きっと、無理して入っただけですから、警戒しなくて良い。

ただ、次のポジションもきっちり取っていて、構え直しているようなショット。

これは、その相手本来の実力のショット、でしょう。

 

4.次のポイントに入るときには、「警戒ショット」を決めて入る

この結論、を出して入りましょう。

相手の何を警戒するのか、捨てるのか。

この結論が出ていないと、また同じような失点を繰り返してしまう。

相手のナイスポイント、の後こそしっかり整理する癖をつける。

何も、ムダに長く間を空ける必要はないですよ。

アナタ自身、結論が出たら構えて入れば良い。

ただただ、時間を使う、ということだけで満足しないように。

あくまで、全ては試合に勝つため、ですからね。

 

ポイント間の時間の使い方、しっかり考えましょう。

恥ずかしがる必要も無いです。

もちろん、考え過ぎて20秒を超えてしまわないように、これもトレーニングです。

日々のマッチ練習から、意識して実践していきましょう。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない

    テニスの試合、先手必勝。これは、他のスポーツよりもより強く言え…

  3. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い

    自分のプレースタイル、に軸を持つことは大事。私自身、試合ではボ…

  4. テニス

    戦術

    自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない

    今回のサッカーワールドカップを観ていて、感じること。強い相手でも、…

  5. 戦術

    武器を使い、弱点を責めるだけ

    試合の中で、迷うことがあれば。このシンプルな作戦、に立ち戻り…

  6. 戦術

    相手を動かすショットで、ミスをしない

    以前にITF(国際テニス連盟)が推奨するテニスの5大戦術、をご紹介し…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    特にダブルスのテニスの試合で求められる「どんなボールでも、相手の足元にコントロー…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識と…
PAGE TOP