テニス 言葉

戦術

どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

試合の中では、「あそこに打ちたい!」と思いますよね。

相手がいない場所、苦手にしている場所、狙い所はハッキリしているはず。

でも、なかなか思い通りにコントロール出来ない人は、この意識から変えていきましょう。

リスクの高い攻撃、ばかりは続かないですよ。

 

どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

 


 

1.どの場所からでも、どこにでも打てる?

そんな選手、いません。

テニスは、ある程度場所によって打てるコースは決まっている。

もちろん、それをカバーする技術力は凄いですし、プロ選手のようなミラクルショット、もありますが。

試合の中で、緊迫した落とせない場面で、それが打てるとは思えない。

私たちが考えるべきは、どこに打つか?よりも「どこに立つのか?」でしょう。

良いポジションには入れれば、それだけ打てるコースに確実性が増す。

特に、ドロップ系のショット、がそうだと思いますよ。

 

2.ドロップショットは、前からが圧倒的に打ちやすい

当たり前じゃん、と思うかもしれませんが、そうですよね。

ドロップショットを打つなら、ネットに近い方が楽。

ネットから遠い場所から、相手の浅い場所に打って2バウンドを奪うなんて、かなり高度な技です。

ボールは飛ばさないといけないし、でもバウンド後に失速するように止めないといけない。

これが、ネット近くならどうでしょう?

最初から、ボールの勢いを殺しても、ネットに近いので楽に相手コートに入る。

ドロップショットよりも、ドロップボレーの方が楽だし簡単。

私のスタンスは、コレです。

 

3.自分にとって、「良い立ち位置」を見つけよう

シングルス、ダブルス、これを探してみて下さい。

私は、基本はネットに出て触ること、が自分にとっての良い立ち位置、だと思っています。

前で触れば角度も付けられるし、2.で書いたようなドロップ系のショットも確実に打てる。

ベースライン近くでのプレーよりも、出来ることが拡がっていきますからね。

もちろん、後衛でのプレーが必要な時もありますが、この時には「打てるコースは少ないな」という認識でプレーしています。

何かを狙うなら、打ちたいコースがあるならネット近くで。

これが、きっとみなさんにとっても良いキーワードになると思いますよ。

 

4.「ポジショニング」こそ、テニス選手としての実力である

どこに立つのか、を探していく、研究していく。

これこそ、まさに私はテニス選手の実力だと思いますよ。

だって、技術以上に大事ですから。

テニスは、基本的にはどこに立っても良い、自由が与えられているスポーツです。

1バウンドでも、ノーバウンドでも打って良い、選択の幅があるからこそ差も生まれやすい。

打ちたいコースがあるなら、それを確実に打てる場所、から狙ってみませんか?

 

ダブルスの雁行陣、なんかまさに前で崩すのに適してますよね。

後衛の前が空いている、分かっているけど狙うには怖い・・・なら、前に出て並行陣で勝負。

後ろから難しい場所にコントロールショット、で無理しているような人は、立ち位置から考えてみて下さい。

アナタ自身の良いポジション、を見つけられれば、テニスはもっと強くなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. + POWER CUP について
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

  2. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう

    試合の中で、まずは目の前のプレーに集中する。それは大前提です。…

  3. 戦術

    テニスの基本戦術5つ

    テニスの試合で必要な、基本戦術。これは、ITF(国際テニス連…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね

    テニスの試合って、正直思い通りにならないことばかり。腹が立つこ…

  5. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう

    試合をしていて、自分が自滅するような試合。「勝てる相手」に対し…

  6. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由

    テニスの試合は、失点と得点の繰り返し。これを、自分の中でどう捉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で
  5. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
PAGE TOP