テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

目次

ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?

やっぱり後衛をしっかり助けてあげる、また作ったチャンスを決めたい、と思うことが多いと思います。

優秀な前衛ほど、後衛を助けられなかったポイントを悔やんでいることが多い。

そう、相手前衛が何を考えているのか・・・を、相手であるアナタは常に考えて、先手を打っていきましょう。

 

ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

 


 

■「後衛を助けられなかった・・・」と思っている前衛は、動いて来る

アナタも経験ありませんか?

ダブルスで後衛同士のラリーが長く続いて、前衛が触れないで終わる。

「あぁ・・・参加できなかった・・・結局、後衛任せになってしまった・・・」と、試合中に悔やんでいる。

まだ試合中なのに悔やんでしまうことは良くないこと、それは相手に「隙」を見せることになるのです。

アナタ自身、相手の前衛の「落ち込み具合」を見逃してはいけません。

絶対に次のポイントは動いて来る、と思って準備しておきましょう。

 

■「触りたくても触れなかった」次のポイントは、ストレートへ展開しよう

私は試合でよく、後衛同士だけのラリーで終わった次のポイントはストレートへ展開する。

理由は簡単、前衛が出てくる確率が高くなるからです。

後悔している前衛は、絶対に自分で取り返そうと思って動いて来る。

そこでストレートへ展開すると、先手を打てるしもう相手は手詰まりになる。

どうすれば良いのか分からなくしてあげれば、もう試合は勝ったようなものです。

 

■だからこそ、序盤での思い切ったポーチが大事

前衛が試合の前半に、いかに思い切りよく動けるか。

これがダブルスの試合では本当に大事です。

触れたら触る、出れたら出る、くらいの気持ちだから、結局参加できないで公開して、試合の後半に取り返そうと躍起になる。

でも時既に遅し、でストレートに展開されて負けていくのは、試合に勝てないダブルスペアの典型例です。

アナタ自身、試合の序盤になるべく思い切った前衛になる、ことをまずは意識しましょう。

 

アナタが前衛のときは、相手の後衛との駆け引き勝負。

これは絶対に避けて通れません。

ストレートに展開される確率、前衛であるアナタ自身が高めていくことが大事です。

後衛任せでクロスにしか飛んで来ない・・・って、結局前衛であるアナタがなめられているようなもの。

どんどん参加する、触れなかった・・・という後悔の隙を突かれないように、試合では意識しましょう!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  4. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  5. テニス ダブルス
  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

特集記事

  1. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう
  2. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践で…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?
  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?
PAGE TOP