テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?

やっぱり後衛をしっかり助けてあげる、また作ったチャンスを決めたい、と思うことが多いと思います。

優秀な前衛ほど、後衛を助けられなかったポイントを悔やんでいることが多い。

そう、相手前衛が何を考えているのか・・・を、相手であるアナタは常に考えて、先手を打っていきましょう。

 

ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

 


 

■「後衛を助けられなかった・・・」と思っている前衛は、動いて来る

アナタも経験ありませんか?

ダブルスで後衛同士のラリーが長く続いて、前衛が触れないで終わる。

「あぁ・・・参加できなかった・・・結局、後衛任せになってしまった・・・」と、試合中に悔やんでいる。

まだ試合中なのに悔やんでしまうことは良くないこと、それは相手に「隙」を見せることになるのです。

アナタ自身、相手の前衛の「落ち込み具合」を見逃してはいけません。

絶対に次のポイントは動いて来る、と思って準備しておきましょう。

 

■「触りたくても触れなかった」次のポイントは、ストレートへ展開しよう

私は試合でよく、後衛同士だけのラリーで終わった次のポイントはストレートへ展開する。

理由は簡単、前衛が出てくる確率が高くなるからです。

後悔している前衛は、絶対に自分で取り返そうと思って動いて来る。

そこでストレートへ展開すると、先手を打てるしもう相手は手詰まりになる。

どうすれば良いのか分からなくしてあげれば、もう試合は勝ったようなものです。

 

■だからこそ、序盤での思い切ったポーチが大事

前衛が試合の前半に、いかに思い切りよく動けるか。

これがダブルスの試合では本当に大事です。

触れたら触る、出れたら出る、くらいの気持ちだから、結局参加できないで公開して、試合の後半に取り返そうと躍起になる。

でも時既に遅し、でストレートに展開されて負けていくのは、試合に勝てないダブルスペアの典型例です。

アナタ自身、試合の序盤になるべく思い切った前衛になる、ことをまずは意識しましょう。

 

アナタが前衛のときは、相手の後衛との駆け引き勝負。

これは絶対に避けて通れません。

ストレートに展開される確率、前衛であるアナタ自身が高めていくことが大事です。

後衛任せでクロスにしか飛んで来ない・・・って、結局前衛であるアナタがなめられているようなもの。

どんどん参加する、触れなかった・・・という後悔の隙を突かれないように、試合では意識しましょう!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう

    テニスの試合で、結果が出せる。周りからも、初めて組んだペアに…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  3. ダブルス

    並行陣が出来ると、勘違いしてしまうのはなぜ?

    テニススクールでは、中級以上で並行陣、をやる機会が多いですよね。…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアにタッチされる」のと、「ペアにタッチしにいく」のは大違い

    ダブルスの試合を観ていて、「どっちがペアとして、引っ張っているのか?」…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!
  2. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる
  3. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判…
  5. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに
PAGE TOP