その他

テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

目次

今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。

遊び心があって、みんなと盛り上がりながら出来る。

細かいスライスのタッチを磨きながら、試合で必要な感覚が養えるのでお勧めです!

 

テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

 

■人数:4~8人

■レベル:初級~中上級

■目的:ボールを動かして相手を動かす、視野を広げる感覚を養う

【練習方法】

まずは上の図を見て、黄色いマークのところにテニスボールを1つずつ置いていきます。

半面に8個、全面で16個セットして、1対1でシングルス形式でラリーをする。

ラリーをしながら、両選手は協力してこのコート上のボールを足で蹴って外に蹴り出す。

ただし、1回打つごとに1つまでしか外に蹴り出せない、というルールがあります。

まずは8往復以上ラリーしながら、しっかり全ボールをミスする前に蹴り出すことが大事。

慣れてきたら、全てのボールを蹴り出すまでの時間を競ってみましょう。

意外とノーミスでやり切るの、難しいと思います。

コツは、スライスを上手く使うこと。

スピン系だと、なかなか精密なコントロールが難しいケースも多いでしょう。

 

【発展練習】

外に蹴り出す順番を、予め決めて限定してみる。

コートの端から端、を順番に組み込むと、より実践的にコートを対角線に使うことがイメージ出来るでしょう。

あとは、必ずノーミスで8往復でクリアする、しかも時間を速くしていく、で競うのも面白い。

あくまで、赤と青の選手は協力者。

出来るだけ両選手で速く、正確にコート上をお互いで動かす意識を持ってみましょう。

 

【ポイント】

まず当然、ボールを踏んで怪我しないように注意する。

そして必ず、タイムを計りましょう。

どうやったら短縮出来るのか、効率化出来るのかを考えるのも良いテニスの勉強になる。

実際の試合でも、相手コートを見ながら狙いを定める、それも前のラリーをしながら次を考える・・・ことが大事ですよね。

最初は難しければ、ボールの数を減らしてもOK。

レベルに応じて、調整しながらやってみて下さい。

 

遊び心があるメニュー、私は大好きです。

だって、テニスも突き詰めていけば遊び、相手を動かして楽しむスポーツ。

実際の試合では・・・ここまで上手くいかないと思いますが、その感覚は養えるはず。

部活やサークルで、盛り上がりながらやってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる!

    学生の皆さんは部活の前後、社会人の皆さんは、もしかしたら自宅でトレーニ…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  3. テニス 吹き出し

    その他

    テニスの練習仲間は、「皆が同じ意見にならなくても」それで良い

    皆さんはチームでテニスの練習をするときに、どんな意識で臨んでいますか?…

  4. テニス ダブルス

    その他

    錦織選手の実力について、アナタはしっかり「自分の意見」を持てているだろうか?

    今年も楽天オープン、日本で一番大きなテニスの大会が始まりました。…

  5. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想

    綺麗なフォームこそ、上級者の証?いえ、それは「そういう人もいる…

  6. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

    選手にとって体調管理はとても大事なこと。そして体調管理の基本は…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探し…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる
  3. 戦術

    データはあくまでデータ、答えじゃない
  4. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない
  5. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる
PAGE TOP