テニス ボレー

ボレー

相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。

ときに、アナタは慌てずに対応できますか?

ボレーせよストロークにせよ、この身体の正面はテニスのおいて返球が難しいボールの一つ。

しっかり意識して対応を考えておかないと、相手につけ込まれてしまいます。

時間も無い、余裕も無い中で出来ることは、シンプルイズベスト。

テニスにおいて、身体の正面にボールが来る機会は意外と多いです。

 

相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

 


 

■基本の構えが出来ていれば、バックハンド側が反応しやすい

ボレーで特にそうですが、基本の構えはバックハンド側のラケット面が相手に向いている。

そのまま合わせることが出来れば、ほとんどラケットを動かさずに対応できます。

右利きの方であれば、少し右肩を前に出して右肘を上にあげるようにすると、正面のボレーもコントロールしやすい。

ストロークも同様に、バックハンドのスライスでさばけるようになると、守備力がグッと高まります。

 

■フォアハンドボレーで捕球する場合は、打点後ろでOK

もしフォアハンド側で取る場合には、まず打点は後ろでもOK、という意識で待ちましょう。

ボレーでは時間も無いので、ラケットを身体の後ろにセットして、ラケット面だけ合わせてボールを相手コートに戻す。

例外的に打点が後ろになっても、この方が時間が稼げますし、安定感は増します。

とにかく正面のボールは、自分が攻撃されていると思って、まずは守備的に・・・が第一です。

 

■身体を反らす、避けることが出来れば、正面対策は完璧!

身体の正面に来た時に、問題になるのはラケットから反応してしまうこと。

つい恐怖心も先立って、前にラケットを出して早く触ってしまいがちですよね。

ガマンして、ボールを呼び込む、引き付けるという意識を持ってみて下さい。

きっと慣れると、余裕も生まれてくるでしょう。

 

正面のボールは、まずしっかり、深くゆっくり相手に返す。

このプレーが出来れば、ボレーでもストロークでも合格点です。

そして出来るだけ、バックハンド側で対応できるようにしましょう。

その為には、普段の練習からバック側を多めに打つ意識でちょうど良い。

テニスはフォアハンドばかりになっていると・・・試合で良い反応が出来ません。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

    ボレーの基本、いやテニスの基本ですね。私たちはつい、忘れてしま…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーで、パンチ力が欲しいなら?

    ボレーの中で、バックハンドボレーが「なかなか飛ばない」と感じている人。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

    試合で使える、実戦的なショット。私は、このドライブボレーはぜひ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

特集記事

  1. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
  2. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
  3. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?
  5. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
PAGE TOP