テニス ボレー

ボレー

テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です

プロ選手のボレーは直線的で鋭い弾道、しかもスライスが効いているから相手にとっても打ち辛い。

アナタ自身、それに近付けていく為に必要なものは何でしょうか?

まず意識して欲しいのは、横向きからの後ろ足の使い方。

下半身でボールに力を伝えることができれば、低いローボレーでもしっかり力強いボールをボレーで打てるようになれます!

 

テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です

 


 

■中級者以上は、繋ぐボレーでは試合でやられてしまう

ネットプレーは難しい。

確かに技術的にも小さい「ズレ」でボールが飛んでいく方向は変わりますし、速い判断も求められる。

身体近くに飛んでくるボールも、さばいていかないといけません。

返球しているだけのボレーは、初中級者まで

それ以上、上のレベルになってくればパッシングショットやロブの餌食になってしまうでしょう。

だからこそ、力強い鋭いボレーが求められますが、つい上半身のフォームにばかり意識がいっていませんか?

下半身から力を伝えない限り、怪我にも繋がりますし何より軌道が安定しません。

 

■コートを蹴る、という感覚がテニスには不可欠!

コートをキックすることで、その反発力をボールに伝えることができます。

こんなに便利で、自分の力になってくれるコートなのに、ほとんどの人がその力を有効活用できていないのが悲しいところ。

膝を曲げて重心を落とし、かかとから上げて最後につま先で掴んだコートを蹴るような動きを意識してみて下さい。

まずはラケットを持たず、コート上でこの膝を曲げて前にジャンプ!してみて、感覚を磨いてみて下さい。

鋭いボレーはこの力を使って打つだけでOK。

上半身はリラックスして、ボールが当たる瞬間にしっかり握るくらいの力の入れ具合で充分でしょう。

■ネットより低い位置でもこのボレーが打てれば、必ず試合で勝てます!

ネットより低い位置のボレー、この下半身をしっかり使ったボレーが打てれば、ダブルスのファーストボレーにとても有効。

シングルスでも、サーブ&ボレーに自信が持てるようになるでしょう。

ネットより低いボールを、ただつなぐだけ・・・というテニスは、もう卒業していきませんか?

下半身をしっかり使ったボレーを身に付けると、疲労感も軽減されスタミナも付いて試合でも必ず強くなる。

上半身での怪我も減らすことが、きっとできるはずです。

 

テニスにおいて、いかにボールに力を有効に伝えるかは永遠のテーマです。

特にベテランの皆さんや試合数が多いジュニアの皆さんには、いかに体力を温存して怪我を減らすかを真剣に考えて欲しい。

打点を前、ライジングショットの重要性は書いてきましたが、このコートから力をもらう下半身の動き、ぜひ意識してみて下さい。

サーブにも活用できるので、柔らかい膝の使い方、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い

    リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多…

  3. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  4. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

    試合で使うボレー、スライス回転をかけて相手を追い込みたい。でも、ロ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると安定する

    テニスの試合では、ストロークで粘るのが得意な選手は多い。そして…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

特集記事

  1. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで
  3. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない
PAGE TOP