テニス メンタル

サーブ

テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?

「何となく楽しそう」

「異性にモテたいから・・・」

色々あって、良いと思います。

私自身は・・・と言うと、「団体競技と違い、頑張れば個人競技はどこまでも勝ち進んでいけるから!」という感じでした。

今から思えば、どれだけ団体競技で負けるのを人のせいにしていたんだ・・・と情けなくもなります。

とはいえ、テニスってやっぱりカッコイイ。

そしてその最高にカッコイイ場面って、やっぱりこれだと思うんです。

 

テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

 


 

■まず、サービスエースの種類を理解しよう

「サービスエースなんて、サーブが得意な人しか出来ないんでしょ・・・」と、思っていませんか?

そんなことは、ありません。

まずサービスエースの種類について、考えてみましょう。

圧倒的なスピードサーブ、だけが全てではありません。

最初は「獲れる、触れる!」と思ったのに、そこから急激に曲がっていくサーブもあれば、相手の逆を突くことで、ノータッチエースになるサーブもある。

今回、マッチポイントでオススメしたいのは、この中で「逆を突いてエースを獲る」サーブ、です!

 

■試合の中で、アナタのサーブをどうイメージ付けしていくか

アナタのサーブの特徴って、何ですか?

「バック側をしつこく狙う」

「スピード勝負で、コースはある程度ばらけてOK」

「とにかく遅くても、深さとコントロール重視」

色々あると思いますが、一番まずいのは「何となく入れるだけ」という抽象的なテニス。

これでは、相手に何かを印象付けることができません。

サーブが得意でサービスエースが獲れる選手は、まずこの「印象付け」から相手に仕掛けていきます。

リターンする選手が、「この人のサーブは、こういう感じだな・・・」と思ってきたと思ったら、そこから変えていく。

そう、試合の序盤に印象付けることで、終盤にその逆を突いて大事な場面で、エースを獲ることができるのです。

 

■大切なのは、マッチポイントにおける平常心

舞台が整っても、平常心でサーブに挑めなければ意味がありません。

マッチポイントでのサーブ、アナタはしっかりいつも通りプレーできる自信はありますか?

普段のサーブの打ちっぱなし練習から、マッチポイントを想定できていますか?

平常心と言葉で書けば簡単ですが、試合に出ている人なら分かると思います。

いかに、最後の1ポイントを獲るのが難しいか・・・を。

でも相手もしかり、精神的に追い詰められているのは事実。

しっかり序盤に作った貯金、印象付けを活かして、逆を突いてエースを獲るようにしましょう。

厳しいコースでなくても、人は追い詰められていれば逆を突かれた時、そう簡単に反応できる訳ではありません。

つまりは、ある程度サーブは両サイドから、ワイドとセンターへコントロールできるように、練習しておきましょう。

 

サービスエースは、あくまで結果的にエースになるのであって、アナタ自身は返球される準備も当然しておくことが大切。

エースで終わることが一つの目的であり、それはアナタにとって大きな自信になることは間違いありません。

「しっかり、エースで試合を締める」ことが出来た経験は、アナタにとって大きな財産になるのです。

「ただ勝つことでさえ大変なのに、そんな無茶な・・・」と、思いますか?

もっと、上にいきましょう。

余裕があるスコア、例えば5-2くらいのスコアであれば、そこは成功体験を積む格好の場所。

まずはイメージトレーニングから。

アナタのテニスは、まだまだ上を目指してステップアップしていけるはずです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

    サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。私はそう思…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える

    テニスの試合、しっかり勝てる人は、こういう雰囲気を持っている。…

  4. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも

    サーブが苦手・・・な人が、よく持つ感想としてこんな話を聞きます。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップ、ボールは斜めに持つのが基本

    サーブのトスアップ、色々とコツはありますが・・・以前にも書いたことのあ…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと
  2. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
  3. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る?
  4. メンタル

    動画を見て、その絶望を超えていけ
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない
PAGE TOP