テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、インパクトで10cm押し込む意識を!

ジョコビッチ選手に代表されるように、ストロークで威力をアップさせるにはフォロースルー時の「押し」が不可欠。

速いスィングスピードの中にも、少しだけボールを前に押していくようなイメージが持てると、威力アップだけでなくコントロールも良くなり、試合でのストローク戦を優位に進められるはず。

このポイントについて、今回は考えてみたいと思います。

 

テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、インパクトで10cm押し込む意識を!

 


 

1.回転量だけでは、重たいボールを打つことはできない

トップスピン、スライスとテニスには色々な球種があります。

基本的にラケットの動きは縦の動きが中心となりますので、あまり後ろから前・・・という動作には、意識がいき辛いかも知れません。

一昔前のウッドラケットの時代はフォロースルー自体が後ろから前、でしたが、最近のテニスはプロ選手も縦の回転重視。

ところが・・・実は、しっかりストロークで前に押し出しているのです。

スィングが余りに速いので、そこの部分が見えてこないだけ。

縦回転をかけて、ボールが当たった後に「グッと」スィングで押し込んでいる部分、意識してみる必要があるようです。

 

2.最後の10cmの押し込みで、コントロールもアップする

ボールが当たった瞬間に、ラケットをすぐに上にスィングするだけだと、回転量は多くても伸びが少ない。

トップスピンロブなど、その方が適した軌道のショットもありますが、グランドストロークはしっかりバウンド後も力のあるボールで相手を押し込んでいきたいですよね。

10cm、余計にボールを前に押すスィングを意識してみましょう。

この意識でかなり、コントロールも良くなるはずです。

しっかり横向きを作り、オープンスタンスでも状態を捻って準備する。

何よりボールを押し出していく訳ですから、速い準備とテイクバックは必須ですね。

意識して、相手とのストローク戦で準備できるようにしましょう。

 



 

3.ラケットヘッドは前にいかないように、あくまでグリップから押し出していく

ラケットヘッドが前に出ていくスィングだと、押し込むこと「手打ち」のようなテニスのスィングになってしまいます。

ポイントは、しっかりグリップから出していくこと。

特にグリップエンドから前に出していくようなスィングを癖付けることができると、しっかり押せるポイントの打点で打てるようになります。

「それだとフラット気味になってしまうんじゃ・・・」と思う方も、フォロースルーでしっかり上に振り抜けば、大丈夫!

きっと回転がかかって、なおかつしっかり重たいボールになると思います。

グリップから出したスィングが、打点を通過してラケットヘッドが前に抜けていくイメージで練習してみて下さい。

 

ストロークの安定感は、このラケットの軌道をしっかり安定させること。

どんな打点でも、フォアでもバックでも、自分のスィングの中にボールが入ってきて飛んでいく。

そのイメージを持って、ぜひ素振りを毎日少しでも良いので家で取り組んでみて下さい。

寝る前に5分、ラケットを振るだけでも、不思議とフォームは安定していきます。

その際には、10cm押し込んで、相手コートでバウンドして伸びていくボールの軌道をイメージしながら・・・やってみましょう!

■基本となる握力、はトレーニングをぜひ!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミングは?

    「準備を早く!」ストロークのショット練習の時に、そんなことを言…

  2. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり

    ショットが甘いとやられる。だからショットは甘くならないようにし…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!

    試合の中で、ラケットを振りきれない人は攻撃が出来ない。せっかく…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖

    試合の大事な場面、スピンストロークで攻撃していこうと思っても・・・「ガ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!

    繋ぎのストロークショットはバウンドが重要。ゆっくりと確実に相手…

  6. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

    試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。シングルスで…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークの基本中の基本、「バウンドの高さに合わせたテイクバック」は、利き腕では…
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!
  4. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです
  5. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
PAGE TOP