テニス メンタル

戦術

テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。

毎年思うのが、野球って延長戦が大変そう・・・ということ。

差が付くまで果てしなく続くし、再試合になったりもする。

では、テニスはどうでしょうか?

この「延長戦」って、もっと意識を向けるべきポイントだと思うんです。

 

テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

 

テニスにおける延長戦って、どんなとき?

1セットマッチなら5-5、になった時点で延長戦、だと私は思っています。

6-4で終わらないセット、5-5になった時点で・・・どうでしょう。

試合の雰囲気が、一気に変わると思いませんか?

5-4からゲームを落とした側は、それが相手のサービスゲームであってもやっぱり悔しい、気落ちする。

追い付いた側も、ノリノリかと言えば・・・まだまだ先は長い。

次のゲームを獲っても、6ゲーム先取の形式でない限りは、6-5では試合は終わらない。

そう考えると延長戦って、本当に日常茶飯事ですよね。

 

「延長戦大歓迎」のスタンスでいこう!

私は、一時期自分のテニスノートを見返したときに、あることに気付きました。

5-7や6-6のタイブレークで負けた試合、はすごく少ないんじゃないかということ。

当然、負けた試合はたくさんあるんですが、「延長戦」に持ち込むと結構強い。

それって、絶対に理由があるんです。

まず、自分自身で延長戦は大歓迎のスタンス、で試合に入る。

なぜなら、ある程度自信があるからです。

テニスの実力・・・というよりも、延長戦の戦い方に、です。

 

5-5の次のゲーム、タイブレークは最初の3ポイントが勝負所!

私が考える延長戦の作戦は、これだけです。

5-5になった時点で、相手は絶対に一息つきたくなる、この隙を逃さない。

こっちははなから延長戦を望んでいるので、5-5からが本番、くらいに覚悟しています。

相手は、「まだ先は長いな・・・タイブレかもな・・・」と思ってるケースが多い。

そしてタイブレークに入ったとしても、「7ポイント目を取るまでは、長いな・・・」と、出だしは絶対にセーブしてくる。

ここの出鼻、をくじけば、相手は試合自体を諦めてくれるケースが多い。

「延長戦までいったし、もう良いか」と試合を諦めてくれる。

ように仕向けること、をアナタにもお勧めします!

 

「そんな上手くいくかよー!」と思いますよね。

でも、結構図星な感じ、じゃないですか?

延長戦に入った瞬間、の心の変化を見逃さない。

これだけで、絶対に勝率は上がります。

試合前から、5-5に持ち込んでやるぞ!くらいの気持ちで良いでしょう。

タイブレ上等、でいきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. 戦術

    攻撃力を上げることについて、本気で考えよう

    年齢を重ねていくに従い、私自身感じていること。「もう、攻撃的…

  2. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

    12月に入り気温も下がり、テニスでは怪我が多い時期になりましたね。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

    試合の中で、自分が頑張れる時。いつもよりもギアが上がって、しっ…

  5. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

    試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。4-4の30-3…

  6. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    大切なのは、自分が有利になる状況を作ること
  2. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、「斜め後ろに下がりながらポーチ」を使える男性は強い
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなけ…
PAGE TOP