テニス メンタル

戦術

学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

最近改めて、感じることがあります。

きっと、昔よりも、学生やベテランの境目って無くなって来ている、と。

もちろん、全体としての傾向は今も昔も変わらないでしょう。

ですが、これだけラケットやガットが進化している今、どちらのカテゴリの選手のプレーも幅が広がっている。

私は、そう思います。

 

学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

 

1.ベテラン選手の、ストロークが・・・凄い!

もう20年くらい前ですが、年齢別の試合を観た頃のこと。

ほとんどの選手がスライス主体、なストロークでした。

でも、今は違う。

しっかり回転量の多いスピンストローク、を打つ選手が、年齢が上のカテゴリでも増えたように思います。

振り切れるラケット、飛ぶフレームに柔らかく肘への負担が少ないガット、が今はサポートしてくれますからね。

バックハンドでも、しっかり両手で振り切る女性のベテラン選手も多い。

私はすごく、良いことだと思っています。

 

2.学生の方が、あまり変化が無いかも・・・

若い学生選手は、どうか。

こちらはあまり、変化が少ないかも知れませんね・・・でも、私たちの頃よりも圧倒的にストロークの安定感が凄い。

みんな、ストローク力のレベルは一定して高い、そんな印象です。

でもそんな中で、最近はネットプレー、片手バックハンドのプレイヤーも増えて来ましたし、また多様性が増してきたように思います。

ロブを多用する学生男子ダブルス、も健在・・・ですが、まだまだ使える機会は多いはず。

インターネット動画で今では、簡単にトップ選手のプレーを見ることが出来る時代。

だからこそ、技術的に上手い選手は多い気がします。

ですが、ちょっと画一化されている感じは否めない、そんな感じがするのが最近の学生テニス界でしょう。

 

3.もっともっと、異世代で対戦して欲しい

市民大会でも、たまに見ますよね。

ベテランの有名選手と、地元の学生選手の戦い。

これこそ、私は一般テニスの醍醐味だと思いますよ。

特に、ダブルス。

細かい技術で、学生テニスを翻弄するベテラン選手に、まだまだ頑張って欲しい。

そして、そのテクニックを打ち破るショットを、学生のみなさんには磨いてほしい。

日本全国で、こういった戦いが色々なレベル、カテゴリで行われるようになれば、テニス界ももっと盛り上がるはず。

ぜひ、みなさんも「違う世代との真剣勝負」の場を、意識して作って欲しいんです。

 

4.境目を作っているのは、自分自身である

こういう記事を書いたのも、私自身がそれで成長してきたから。

中学・高校時代に学校にテニスコートが無かったので、嫌でも外で大人の方やベテランの方とプレーする機会が増えました。

私自身、この経験こそが今の礎になっている、と思っています。

まぁ、当時は嫌だと感じたことも多かったですけどね。

でも今となってみれば、本当に良い経験が出来た、テニスの境目なんて無いんだなと、感じることが出来ました。

もしかしたら、アナタ自身自分で境目、を作ってはいませんか?

学生は学生と、社会人は社会人と、ベテランシニアの方はベテランシニアの方と、するテニスだけがテニスじゃない。

もっともっと、違うカテゴリとの接点を増やす。

そうすることで、私はもっとみなさんも成長出来ると考えています。

 

年齢やカテゴリで境目が無くなってきたこと、私はすごく良いことだと思ってます。

でも、それを感じられるかどうかもアナタ次第。

「来年は、違う環境でも頑張りたいな・・・」と思っているみなさんは、ぜひ相手の年齢カテゴリを変えてみて下さい。

きっと、勝てないことも増えるでしょう。

ですが、その先に成長した自分、が必ずいるはずですから。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. 戦術

    マイルールを作れば、テニスの試合にも強くなる

    以前に、強い人は「自分の世界を持っている」と書きました。これ…

  2. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  3. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  4. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  5. 戦術

    取り返したい、時ほど冷静に

    試合の中で、冷静さを失う時。それって、相手に「やられた時」だ…

  6. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    パフォーマンス目標、をクリア出来ているか?
  2. テニス メンタル

    その他

    「やっぱりこの店が良い!」テニスのアフターで選ばれるお店のポイント5つ
  3. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう
  4. テニス 指導

    その他

    先輩やコーチからのアドバイスを、「やってみた上で断る判断をする」というのも、テニ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ
PAGE TOP