テニス メンタル

その他

自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番

テニスの試合に強くなりたい、自分を変えたい。

そう強く願う人に、私なりにアドバイス出来ることがあるとすれば、これです。

テニスって、すごくアナタ自身の私生活、日常と密接に関わっている。

何より、私自身が経験してきたこと、でもあります。

勇気が要りますし、パワーが要る。

でもそれ以上に、価値のあることだと私は思いますよ。

 

自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番

 

1.居心地が良い場所は、テニスを強く育ててはくれない

もちろん、居心地が良い場所も必要。

でも、それだけじゃ試合に強くはなれない、と私は思います。

なにせ、自分自身に刺激が少ない、どうしても自分に対して「良いこと」しか言ってくれないような人、といつも一緒に居たいですからね。

それが自然です。

でも、テニスの練習、試合に備えた鍛錬を考えるならそれだけじゃダメ。

自分から、新しい環境を求めていかないと。

試合に強くなるには、こういうアクションが必要です。

 

2.付き合う人が変われば、自分も変わる

仕事や勉強でも、こういう経験ありませんか?

周りの雰囲気に推されて、つい自分の力まで気付かないうちに伸びていく。

そういう感じの経験が出来ること、こそ、テニスの醍醐味。

付き合う人が変われば、人は変われます。

私自身、周りから育てられて来た、という感覚が凄くあるんですよね。

アナタ自身が、少し勇気を出して踏み出せば、付き合う人が変わる。

後は、それをアナタ自身が受け入れることが出来るかどうか、ですかね。

 

3.「恥を知る」ことが出来るかどうか、経験出来るかどうか

テニスをしていれば、こういうこともある。

良い歳こいて、私自身も毎年たくさんの「恥」を経験しています。

テニスをしているから、周りから厳しいことも言われる。

恥ずかしいな、と思うこともある。

でも、それはどんどん新しい人、に私自身が接しているからです。

恥を知ること、を自分に必要だと考えている。

だからこそ、テニスをしたい。

不思議なもので、この意識がある人には近しいマインドを持った人が集まって来る。

そうなると、もうアナタは黙っていても強いテニスになっていきますかから。

 

4.付き合う人を変えることは、アナタにしか出来ない

「いやでも、仕事に家庭に、勉強に・・・忙しいし、出来ることは限られているよ」と思っている方も、多いでしょう。

それが、普通です。

何も、自分の生活を大きく変える、大きなリスクを冒す必要は無いでしょう。

毎日、帰る道を変える。

久しぶりに、懐かしい知り合いに会ってみる。

試合で負けた選手に、話しかけてみる。

付き合う人を変える、ちょっとした意識で生活は変わる。

不思議なものですが、モノは試しだと思います。

やってみて、損は無い、ですよ!

 

このT-PRESSも、一人の人、だと思います。

アナタ自身、にとっての良い出会いになれていれば嬉しいんですが・・・。

まだまだ、これからですよね。

私自身も、T-PRESSも、そしてアナタ自身も。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようになる簡単な練習方法とは…

    テニスの技術において、「コースを打ち分ける」というのは簡単そうで難しい…

  2. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  3. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです

    90回の記念大会となる、全日本テニス選手権。去年よりもドロー数…

  4. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう

    ちょっとした仕草で、その人のテニスの技量や意識、は表に出ます。…

  5. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について
  2. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?
  4. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  5. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
PAGE TOP