テニス 居場所

メンタル

テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

毎日テニスの練習、楽しんで出来ていますか?

「本当に楽しい!」と言える方・・・少し、危険かも知れません。

年齢問わず、人はどうしても楽しい場所、楽な場所をどこかで求めている。

テニスもそう。

練習環境も試合も、自分が立っているポジションでさえ、自分が居心地が良い場所に居座ってしまう。

そう、無意識にテニスをしていると・・・つい、そうなってしまう。

という危機感が、アナタにはありますか?

 

テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

 


 

■何度でも言いますが・・・「試合に勝ちたい」んですよね?

何度か書いてお伝えしてきましたが、テニスの試合で勝ちたい方には伝えたい。

自分が今いる場所、どこか居心地が良くなってはいませんか?

部活やサークルも、大事なアナタの居場所、ということは理解しています。

でも・・・例えばチーム内でNo.1の選手でも、外の強豪チームの中に入れば歯が立たないかも知れない。

ストロークが得意な選手は、ネットに出るのも相当勇気が要る。

そう、自分が「そこに居るだけで、不安になる」ような場所は、自分から飛び込んでいかないと得られないのです。

 

■格上相手を倒したければ、向かっていく闘争心が絶対に必要

闘争心、を養うには環境の変化が大事。

それも、自分がそこに居るだけで辛い、神経を使う、ような場所で鍛えるしか無いのです。

人は、何かの必要性を感じたときに成長出来る。

成長しようと、必死で工夫することが出来るのです。

そうやって見つけた自分のテニス、開拓した技は、絶対にアナタの宝になります。

いつまでも居心地が良い場所、にだけ居ては強くなることは出来ません。

 

■習慣はすべて、その人のテニスに現れる

「メンタルが弱い、粘れない・・・」という人。

きっとテニス以外でも、執着心や継続力が足りないんだと思います。

厳しいようですが、テニスと私生活って密接に関わっているし、連携していることを忘れてはいけません。

つまりは、習慣を変えていかないと試合にも勝てない。

自分から普段、全く新しいことにチャレンジしないような人が、いざ試合でシード選手相手に向かっていけると思いますか?

いけませんよね。

ぜひ、自分のことだと考えて、振り返ってみて下さい。

 

偉そうに書いていますが、私も思い当たる節がたくさんあります。

人見知りで億劫だった私は、いつも居心地の良い場所に居続けました。

だからこそ、試合で結果が残せなかった、強い相手に対して心から向かっていくことが出来なかったんだと思います。

この文章を書きながら、もっと自分も頑張ろうと、決めました。

一緒に新しい環境で、頑張ってみませんか?

年齢は関係ありません。

思い立った日が、一番「若い」のですから!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。いくつかご意見を…

  2. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

    テニスが強くなる人、それって特別な人?でしょうか?私はそうは思…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  4. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

    テニスを頑張る人、色々な性格のタイプがある。しゃべるのが本当に…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと

    テニス部で、「困ることあるある」の中でもたくさん頂くのが、この問題。…

  6. メンタル

    一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する

    私たち、プロではない一般の試合を見ていて、感じること。いや、プ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
  2. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  3. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?
  4. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?
PAGE TOP