テニス メンタル

戦術

短い学生テニスの期間に、自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

学生の皆さんはもうすぐ新学期。

新しい環境でテニスを頑張る人、学年が上がる人、色々だと思います。

改めて、学生のテニス期間は短い。

全てをまんべんなく、完璧なオールラウンドなテニスを身に付けることは難しいでしょう。

何を軸に自分はテニスを強化していくのか、考える時間を取ってみませんか?

 

短い学生テニスの期間に、自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

 

1.選択と集中、があれば練習も主体的になる

最近のテニス界、またネットプレーが見直されてきている。

ストローク一辺倒だったテニス界ですが、フェデラー選手の復活にマレー選手やジョコビッチ選手を攻略されている感じを観ると、まだまだテニス界は動き続けています。

そこで、アナタも自分のテニスについて考えて欲しい。

もちろん、短所を少なくするオールランドなテニスはベースにありつつも、「どんな軸」で勝負していくのか。

今回は、考える一つのアイデアを、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

2.「相手に密着していく」「自分の技術を磨く」を、どこに集中させるか

まずは、テニスは相手ありきのスポーツ。

相手を観察し、相手を崩しやすいテニスをどうやって進めていくのかを考える軸、が大事です。

大きく分けると、「相手を動かすのか」「自分が動くのか」、だと思います。

ネットプレーに、自分が出るのか相手を積極的に前に出させるのか、という感じですね。

相手の弱点を見つけたときに、ポジションを自分か相手が変える、ことでテニスは勝てる試合が絶対に増えます。

次に、「自分の技術を磨く」軸について。

徹底的にサーブを磨いて、どんな相手でも打ち破るような本格派、のテニスなのか。

それとも、複数の球種を複数のコースに打ち分ける技巧派、なのか。

大きく、大きく分けるとこういう軸、が見えてくると思います。

 

3.どんなプレイヤーでも一貫性があれば、テニスは強くなる

皆さんの選択、集中次第です。

大事なのは、しっかり一貫性を持って練習していくということ。

「技術的には技巧派を目指しているのに、速いサーブばかり求めてしまう」ような練習は、どこかでおかしくなっていく。

一貫性があるのか、自分が目指しているテニスはどうなのか?を、常に問いかけてみる。

軌道修正、もちろんあって良いと思います。

ですがその前に、まずは自分で軸を決めて、しっかり練習して一貫性を持ってテニスを鍛えていくこと、やり切ることが大事です。

 

自分のテニスについて、考えている人、考えていない人。

この差は、学生生活の後半に大きな差になっていくでしょう。

きっと、「何となく、全部出来るようになりたいな・・・」と思うのが、自然。

ですが学生時代は、短い。

軸を決めて練習してみる、ことは自分のテニスに責任を持つということ。

きっとやり切ることが出来れば、また次へのステップにつながるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さないことが大事!

    テニスの試合で洞察力が鋭い選手は、どこをまず見ているのか。相手…

  2. テニス ボレー
  3. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

    アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。身内の試合でも…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付…

  5. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  2. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思ってお…
PAGE TOP