戦術

取り返したい、時ほど冷静に

試合の中で、冷静さを失う時。

それって、相手に「やられた時」だと思うんですよね。

つい、カッとなってやり返したくなる。

でも、そういう時ほど冷静になりましょう。

相手が一番嫌なのは、試合に負けること、ですから。

熱くなるのは、もったいないですよ。

 
 

よくあるのが、ポーチ合戦

試合でよくあるのが、ポーチ合戦。

相手がポーチに出て、綺麗に決める。

そうすると、決められた側の前衛も「俺だって!!」と思って対抗したくなる。

ポーチ合戦になってしまうケース、よくあると思います。

ダブルスの試合なのに、もう自分の相手は1人になってしまうケース、ありませんか?

決められてカッとなるのは、もったいない。

まだまだ、選手として未熟だということです。



カッとなった時点で、相手が上

感情的になった相手って、楽ですよ。

私がよく書いて来ましたが、テニスは印象値をコントロールするスポーツ。

「あ、ポーチに出たことを気にしてるな・・・」と思ったら、相手はそのアナタ自身の考え方を利用してくる。

カッとなっている相手って、分かりやすいですから。

その選手が前衛に来たら、まずストレートに打つ。

綺麗に抜けていくんですよね、これが。

取り返したい!やり返したい!と思っている相手ほど、やりやすいものは無いです。



やられても、負けていても、焦らない

テニスの試合では、こういう相手の方が強い。

自分がやられても、負けていても、その雰囲気を出さない。

これはリードしている方も、嫌ですよ。

焦って欲しいし、取り返したいと必死になって欲しい。

なのに落ち着いて、淡々と丁寧にテニスを続ける。

こういうのが、いつの間にかプレッシャーになっていきますからね。

実際は焦っていても、演技で良いんです。

とにかく、「俺は焦らないよ、大丈夫」と相手に伝えることが大事です。

   

最後に勝つシナリオを、自分で描くこと

試合に勝つ、最後には勝つ。

この大局観で、アナタ自身テニスの試合を進めるようにしていきましょう。

小さいことは、気にしない。

取り返すとか、そういう局所的な発想は止める。

最後に勝つ、そのシナリオをどう描くのか。

そうすれば、自然とやるべきテニス、取るべき態度が見えて来るでしょう。

取り返したいのは、ポイントじゃない。

試合そのもの、ですからね。



まぁ、とはいえついカッとなりがちですよね。

ボールをぶつけられることも、試合ではありますから。

試合に勝ちたいと思うなら、熱くなるのは良いことですが・・・考え方が狭くならないように。

私が伝えたいのは、それだけです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

    12月に入り気温も下がり、テニスでは怪我が多い時期になりましたね。…

  2. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなった…

  3. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?

    試合の中で、デュースが何回も続くこと。たまにありますよね・・・そし…

  4. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  5. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

  6. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できてる?
  2. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4…
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  4. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けるこ…
PAGE TOP