メンタル

相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ

テニスの試合って、感情的になりやすい。

何ででしょうね、ネットで仕切られていて、相手とは離れているのに。

「あいつ・・・腹立つわ・・・」となった時点で、もう勝利の芽はどんどん無くなっていく。

熱くなる、ところを間違えてはいけないんです。

 

相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ

 


 

1.相手のショット、を認めること

もう、これはしょうがないな、というショットはある。

相手のナイスショットは、認めること。

そこをカバーしようとムキになると、試合になりません。

相手がリスクを冒して打って来たショットなら、自分の作戦は間違っていませんから。

プレッシャーが足りないのかも?という視点は大事ですけど、「何くそ!やってやるぞ!」と感情的にならないこと、です。

テニスの試合、全部を切り返すことなんて出来ないですから。

特に、ダブルスの試合でのストレートアタックの守り、はそうですね。

 

2.ダブルスのストレートから、ゴングが鳴りやすい

みなさんも、試合で経験無いですか?

相手が、リターンやストロークで、前衛を攻撃していく。

この瞬間に、感情って生まれやすいんですよね。

打たれた側の前衛、ペアは。

「狙って来たな・・・」と、なりますから。

ここで、ムキになって挑発に乗ってはダメ。

相手は、アナタ自身をどうしたいのか?を考えないと。

前衛には、おとなしく動かないでいて欲しい、足止めしたい訳です。

狙われた、ということは気になっているということ。

自分自身が認めてもらえた、と思って遠慮なく動いていきましょう。

格闘技のように、ゴングを鳴らして殴り合い、みたいにはならないように・・・ですね。

 

3.相手の声、マナー、気にしないこと

草トーや市民大会でも、うるさい人、いますよね。

ポイントを取るごとに大騒ぎ、マナーも悪い。

そんな人との試合でも、「挑発」して来ていると感じるでしょう。

これも経験が必要なんですけど、うるさい人ほど実力は大したことは無い。

うるさく騒いで、かく乱しないと勝てない人たちですから。

もちろん、やり過ぎているようならレフリーを呼ぶ必要がありますが、挑発に乗らないことが一番。

勝負はあくまで、テニスですから。

テニスの試合、こういう相手に慣れることも大事、です。

 

4.自分たちの目指すところは、どこなのか

もし試合で、どうしてもイライラしたとき、感情的になったとき。

私たちは、「どこを目指しているのか?」を思い出す。

当然、目の前の勝利は大事。

でも、相手の挑発に乗って自分のプレーを乱すこと、自分も愚かな挑発をしてしまうこと、は目指すところではない。

自分たちに出来ることは、テニスをしっかりやり切ることですから。

安い挑発に乗ってしまっている、と気付いた瞬間に、立ち戻りましょう。

私たちは、もっともっと先を目指しているはずですから。

 

年齢、種目に関係なく、挑発好きな人はいます。

安い挑発、の「安さ」に気付くこと。

本当に強い相手の挑発は、もっともっと深い、地味なプレー自体で行われますから。

こっちの方が、よっぽど手強いし厄介。

感情的にならないこと、熱くなる方向性を間違えないように。

秋の試合シーズン、意識しておきたいですね。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方

    ダブルスで重要なことは、パートナーとの連携プレーである。パート…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない

    昨年くらいに、私の高校の後輩がテニス部を教えているので見に来て欲しい、…

  4. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

    どうにも、勝てない相手がいる・・・。それは、身内の仲間か、また…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい
  2. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさ…
  4. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?
  5. テニス ポーチ

    スマッシュ

    スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステ…
PAGE TOP