テニス ポーチ

フットワーク

相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

テニスでは、自分が打ったら次は相手。

つまり、自分が2回連続でボールを打つことは出来ない、というルールになっています。

でも、自分が打ったボールに対して、次に打つまでに動くことは出来る。

この時間を使って、相手を揺さぶるフェイント、有効ですよね。

みなさん、どのタイミングで相手を惑わすような仮の動き、を入れてますか?

 

相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

 

1.例えば、リターンをストレートに誘ってみるときは・・・?

どうでしょう?

相手がリターン、味方がサーブでアナタは前衛にいる。

このときに、ポーチに出るフリをして、実は戻ってストレートに呼びこむ。

これが出来ると、サーバーを助けることも出来て良いですよね。

このフェイント、実際にどのタイミングで入れるのが効果的でしょう?

味方がサーブを打った後・・・?

本当にそうだと思いますか?

 

2.実はそれだと、全然遅い

私は、遅いと思います。

味方のパートナーがサーブを打った後に、一度ポーチに出るフリをして戻る。

実は、それほど動けません、時間的に。

だから、動ける幅が少ないから、フェイントとしても効果が薄い。

相手リターンの選手も、そんなにポーチに出てくるようなプレッシャー、になり得ないんですよね。

それ以上に動こうとすると、今度は戻るのが間に合わない。

どうでしょう、きっとこんな感じのシーンって、みなさんも経験あるんじゃないですか?

大事なのは、「大胆に早めに動く」ことです。

 

3.私だったら、味方のパートナーがボールを下に突いている時に動く

少し、挑発の意味も兼ねて。

味方のサーバーがボールを下に突いている、まだ準備段階のときからネットに近付きます。

センターストラップあたりまで動いて、戻る。

実際に、トスアップしてからも上半身を揺らして、相手リターンの選手に主張していく。

実際にサーブを打った音が聞こえたら、後は戻るだけ。

これだけやれば、かなりの確率でストレートに飛んで来ますから。

後は待ちかまえて、仕留めるだけ。

つまり、フェイントって味方が打つ前、くらいで良いんですよ、前衛の時には。

打ってからは、戻るという動作に専念する。

そうすることで、相手はすごくプレッシャーに感じると思いますよ。

 

4.自分はそんなに、速く機敏には動けない

ことを自覚しましょう。

レベルも上がって来ると、ラリーのスピードも上がって来ます。

ですから、簡単に動いて戻る、というのが難しくなる。

一歩間違えば、相手も前に詰めて来て時間を短縮される、可能性があるのがテニスですからね。

フェイント、つまりは相手を誘う仮の動きは、出来るだけ先に終えておきましょう。

相手に印象付け、が終わればそれで充分。

フェイントを入れて、戻って仕留めて・・・を、一瞬でやろうとするのは難しいですよ。

きっと自分を苦しめるだけ、です。

 

ダブルスの前衛では、ぜひ持っておきたいスタンス。

フェイントを入れて、なるべく自分の方にボールを誘う。

だって、アナタ自身は前衛、ですからね。

待っているだけじゃなく、しっかり呼び込んで勝利に貢献する。

そんな前衛のプレーに、フェイントは欠かせない技術です。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    ほんの0.1秒、0.1メートルが、テニスではポイント差になる

    テニスの守備、攻撃。何度か聞いたことのある話だと思いますが、こ…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事

    前衛でのプレーが苦手な人は、どこが違うのか。上手い人を見ている…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント

    相手のボールに、素早く反応する。これが、なかなかテニスでは難し…

  4. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  6. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める
  4. その他

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
PAGE TOP