サーブ

「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」。

ただ、何となく打っていても上達は難しいのも事実。

そこで今回は、ちょっとした工夫で一人で打つサーブ練習を実戦に近づける、ちょっとしたアイデアを集めてみました。

 

「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

 


 

1.カウントをコールして打つ

テニスの試合においては、カウントの存在しないポイントはありません。

そして試合に強い選手ほど、このカウントによって自分のサーブを打ち分けてポイントを組み立てていきます。

0-40ではファーストサーブを必ず入れる、など基本的な意識も、カウントをコールしてみることで実際のシチュエーションに近づけることができます。

細かい部分ですが、やるとやらないとでは試合での成果に大きな影響が出るでしょう。

 

2.リターンのボールを想定してシャドウアクションを入れる

サーブを打って、その後の動作をシャドウで入れてみましょう。

現代のテニスの試合では、サーブの後の次のボールからいかに展開できるかがサービスゲームキープの鍵になります。

回り込みフォアハンドが得意な選手であれば、打った後にしっかり打ち込む素振りを行いましょう。

実際の試合で、自然に身体が動くようなイメージが持てるようになればバッチリです。

 

3.ダブルフォルトには自己ペナルティを課す

より実戦に近づける為に、コート上で練習できるときにはダブルフォルトには自己ペナルティを課しましょう。

コートをダッシュで1周、または罰金(貯金)制度でも面白いかも知れません。

大切なのは、一人の練習でも緊張感を保って練習ができるようにすること。

自分自身で考えて、日々変えていっても良いと思います。

 

4.1球ずつ、点数を採点して記録する

少し面倒な作業ですが、自分が打ったコースを球種ごとにしっかり記録してみましょう。

採点を100点満点で行い、いかに高い点数を高い確率でキープできるかを自分で把握することが目的です。

良いサーブばかりが試合で続くことは、ありません。

調子が悪いときに自分が信頼できるコースと球種を、しっかり自分で理解して試合に臨める状態にしましょう。

 

サーブほど、先入観が膨らみやすいショットは無いかも知れません。

得意、不得意を自分で勝手に決めつける。

自分の得意コースを意外と知らない、という人が、一般のプレイヤーには多いと感じます。

個人練習は、テニスの上達には必須です。

サーブの個人練習を工夫し、上達するということは、自分を知るという大事な作業。

面倒がらずに、仲間と群れずに、たまには一人で練習する癖を付けましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

  3. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  4. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  5. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

特集記事

  1. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
  5. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です
PAGE TOP