サーブ

「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」。

ただ、何となく打っていても上達は難しいのも事実。

そこで今回は、ちょっとした工夫で一人で打つサーブ練習を実戦に近づける、ちょっとしたアイデアを集めてみました。

 

「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

 


 

1.カウントをコールして打つ

テニスの試合においては、カウントの存在しないポイントはありません。

そして試合に強い選手ほど、このカウントによって自分のサーブを打ち分けてポイントを組み立てていきます。

0-40ではファーストサーブを必ず入れる、など基本的な意識も、カウントをコールしてみることで実際のシチュエーションに近づけることができます。

細かい部分ですが、やるとやらないとでは試合での成果に大きな影響が出るでしょう。

 

2.リターンのボールを想定してシャドウアクションを入れる

サーブを打って、その後の動作をシャドウで入れてみましょう。

現代のテニスの試合では、サーブの後の次のボールからいかに展開できるかがサービスゲームキープの鍵になります。

回り込みフォアハンドが得意な選手であれば、打った後にしっかり打ち込む素振りを行いましょう。

実際の試合で、自然に身体が動くようなイメージが持てるようになればバッチリです。

 

3.ダブルフォルトには自己ペナルティを課す

より実戦に近づける為に、コート上で練習できるときにはダブルフォルトには自己ペナルティを課しましょう。

コートをダッシュで1周、または罰金(貯金)制度でも面白いかも知れません。

大切なのは、一人の練習でも緊張感を保って練習ができるようにすること。

自分自身で考えて、日々変えていっても良いと思います。

 

4.1球ずつ、点数を採点して記録する

少し面倒な作業ですが、自分が打ったコースを球種ごとにしっかり記録してみましょう。

採点を100点満点で行い、いかに高い点数を高い確率でキープできるかを自分で把握することが目的です。

良いサーブばかりが試合で続くことは、ありません。

調子が悪いときに自分が信頼できるコースと球種を、しっかり自分で理解して試合に臨める状態にしましょう。

 

サーブほど、先入観が膨らみやすいショットは無いかも知れません。

得意、不得意を自分で勝手に決めつける。

自分の得意コースを意外と知らない、という人が、一般のプレイヤーには多いと感じます。

個人練習は、テニスの上達には必須です。

サーブの個人練習を工夫し、上達するということは、自分を知るという大事な作業。

面倒がらずに、仲間と群れずに、たまには一人で練習する癖を付けましょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  2. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多く…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

  6. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
  2. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
PAGE TOP