ストローク

「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?

テニスの試合の中で、ネットに詰めてロブで抜かれる・・・ということ、ありますよね。

試合で粘り強い選手は、ロブで抜かれても必死で追いかけて返球し、挽回してくる展開を得意にしています。

プロ選手では華麗な股抜きショットも観る機会がありますが、まずは一般のプレイヤーの皆さんは確実に返球できるよう、コツを身に付けて試合に向けて準備しましょう。

 

「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?

 


 

■まずはロブで抜かれても慌てない、諦めないでしっかり走ってボールを追う

ネットに詰めている限り、ロブで抜かれるのは想定の範囲内です。

ダブルスではチェンジ、または並行陣の後衛でもカットできないようなボールは、後ろ向きで追いかけていくことになります。

シングルスの試合では、もちろんアナタ自身で追いかけていかなければなりません。

しっかり全力で走って、ボールの横に入れるくらいまで追い付きましょう。

諦める姿勢を見せては、「この人はロブは追いかけないな・・・」と、相手を楽にさせてしまうだけです。

 

■余裕があれば相手コートをチラ見して反撃の準備を

ロブにしっかり追い付けそうであれば、相手コートを少し観察する癖を付けましょう。

ネットに出てきているのか、後ろにステイしているのか。

ボールの軌道を確認したら、ずっと見続ける必要はありません。

テニスの試合では、変化する状況を常に自分の眼で情報を仕入れて確認しなければいけません。

「そんな余裕は無い・・・」と思っている方は、先入観に捕らわれているだけ。

意外とやってみれば、できるものです。

 

■ボールに追いつくのがやっとであれば、薄いグリップで地面スレスレから返球

かなり深くて厳しいロブの場合は、グリップをスライスに握り替えて横から入って地面スレスレの高さで救い上げましょう。

コツとしては、手首を使ってラケットを操作すること。

腕を振ろうとすると、大きな動きになってインパクトに集中できません。

最後はスナップを効かせて、高いロブを打てるように練習しておきましょう。

相手コートを見る余裕は無いと思いますので、普段の練習から背面から打って相手コートにボールを入れる、というのを意識しておきましょう。

 

■経験は力なり、ポイント奪取率は返球した回数に比例する

不思議とこういった挽回のショットは、経験すればしただけ自信が付いてきます。

錦織選手のコーチであるチャン選手は、このロブからの挽回を得意にしていました。

相手も「この選手は最後までどんなカウンターが来るか分からない・・・」と思って、待ち構えていたくらい、彼の諦めないメンタルと走力は脅威でした。

アナタも必ず、試合で経験を積めば返球しポイントを獲れるようになります。

 

今回ご紹介した内容は、足が速い選手だけができるものと思われがちです。

私自身も、足は遅いほうですが、ロブからの挽回は得意なショットです。

予測や相手との駆け引き、何より諦めない姿勢を見せることが、試合では相手にプレッシャーを与えることになります。

簡単な技術ではありませんが、意識して練習してみて下さい。

挽回って、テニスでは癖になるくらい、快感です。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ステップ

    ストローク

    ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント

    ストロークを改善したい、と考えている皆さん。恐らく一番効果があ…

  2. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

    鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。この技術を磨くには、ある基…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」

    俺が現役時代の頃、試合の出来を左右するものはストロークだった。…

  4. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコー…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

特集記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合…
  2. ストローク

    当たり損ないは、減らせる
  3. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を
  4. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
PAGE TOP