テニス チーム

メンタル

テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

4月から新しいチーム、でテニスを始める方も多いはず。

今回は、ちょっとしたことだけど、大事な意識について。

たくさんの「テニス部」を観てきて感じるのは、ちょっとした言葉に、そのチームの個性や雰囲気、実力がしっかり現れるということ。

皆さんは、どうですか?

 

テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

 


 

1.「俺が」「俺が」という主張だけだと、強くなれない

テニスは個人競技。

自分が絶対に強くなる!という意識は凄く大事です。

周りと同じじゃダメ、という気持ちも必要でしょう。

ですが、練習は周りの仲間と創り上げていく、継続していくのがテニス。

自分だけ良い練習が出来て、周りは出来ないということは不可能なんです。

だからこそ、チーム意識は大事。

「自分が」ではなく、「自分たちが」という言葉を意識してみるだけで、きっと部活は変わります。

 

2.チームを背負っているから、団体戦の代表選手

例えば団体戦。

応援される選手、チームには、普段から「チーム優先」の姿勢がしっかりある。

「自分たちが・・・」という主語で話している選手は、広い視野も持てる。

だから試合でも強いし、ダブルスペアからも信頼される。

自分のことだけしか考えていない選手は、結局テニスも独りよがりだし、メンタルも弱い。

結果的に試合に勝てない選手、で終わる可能性が高いでしょう。

 

3.「自分たち」を語るのに、テニスの技量や経験は関係ない

大事なのは、姿勢です。

その人のテニスの技量は関係ない、後から付いてくる。

いつもしっかり、一生懸命に自分の全てを出して、練習出来ているか。

仲間を想って、強くなるサポートが出来ているのか・・・は、アナタのテニス部が強くなっていけるかどうかのカギを握っている。

「自分たち」について、どんどん下級生や新入生が語り出す。

そんなチーム、絶対強いと思いませんか?

 

言葉は行動を変える。

行動は結果を変える。

ちょっとした部分を直せば、きっと全てが変わっていきます。

ふとした言葉に、自分で責任感を与えてみる。

中学生、高校生は、もう立派な頭を持ってますからね。

自分で考えて、自分の言葉を創っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

    テニスの上達が早い人。そういう人は、自分自身で大きな刺激を受け…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  5. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか

    試合の中で、自分自身を強く持てるかどうか。それは、こういう場面…

  6. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ
  2. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよ…
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先
PAGE TOP