シングルス

「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。

いよいよ、今年もテニスシーズンが始まりますね!

シングルスの試合をテレビで観る機会も増えてくると思いますが、参考にしてもらいたいのがこのポイント。

誰でもどんなレベルでも、シングルスの試合はこれが楽しいし醍醐味なんです。

 

「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

 


 

■相手の逆を突く、からテニスは面白い

シングルスの試合、相手が動いているときに逆を突く。

このときの快感、がテニスは楽しい。

相手の逆を突くのに、必要なのは技術だけではなく考え方。

シンプルに、シングルスではまず「オープンコート」を作ること。

その為にはしっかり深く、コースを突いたボールで相手を「動かすこと」から始まります。

 

■相手が「戻ろう」としているときに、逆を突ける

相手を動かしてオープンスペースが出来たら、自然に相手はそこに戻ろうとする。

このシチュエーションが出来れば、その戻ろうとするスペースの逆、を突くことが出来ますよね。

ここで、よく考えてみて下さい。

つまり、逆を突くということは自然に、同じコースにしっかり2回打つ、ことが出来れば誰でも出来るのです。

どこにでも打てる技術はもちろん大事ですが、「どこにでも打てそう」な雰囲気さえあれば相手を欺ける。

そう、シングルスの試合ではこれで充分だったりします。

 

■同じコースに打ち続ける、ことが実はフェイントになるのがテニス

強い人の試合を観ていると、意図的に同じコースに繰り返して打つ、ことがある。

それが結果的に相手にとって良いフェイントになって、反応出来ない。

オープンスペースを捨てないといけないのか・・・という感じで、迷ってしまう。

こういう展開にもっていければ、アナタのシングルスの試合ももっと楽に戦えるでしょう。

どこにでも打てるストローク力、よりも大事なのはしっかり同じコースに打ち続けることが出来るコントロール力。

それを活かす、演技力、でしょう。

 

錦織選手も、レベルが高い感じでこの「同じコースに繰り返し打つ」ことを作戦の軸に置いている。

特に、フォアハンドですね。

周り込んで逆クロス、また逆クロス・・・と、ダウンザラインのケアに走る相手をしとめていく。

シンプルに、シンプルに。

意識を少し変えるだけで、アナタのシングルスの試合の勝率も上がります。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

    シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。まさに、錦織選手…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  5. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術
PAGE TOP