テニス メンタル

戦術

試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります。

誰でも、良いときは良いんです。

ある程度は、何も考えなくてもスコアは良い方向についてくれる。

でも、問題は悪い時、ですよね。

調子が悪い、雰囲気が悪いときに、自分はどう試合を進めていくのか。

テニスでは、タイムアウトも無ければ指示してくれる監督もいない。

全ては自分で進めていく、しかないんです。

 

試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

 

1.淡々と進める

ただ、淡々と試合を進めていく。

この強い意志が、まずは大事です。

試合の雰囲気が悪くなると、どうしても焦って速く進めたくなりますよね、試合を。

どこか表情も崩れてくる、焦っている感じが出て来る。

自分自身で、淡々と試合を進めること、だけを意識する。

これだけで、必ず相手もやりにくくなる。

表情作り、雰囲気作りから、自分で意識してみて下さい。

 

2.ゆっくり時間を空ける

1.でも書きましたが、テニスの試合はゆっくり進めるくらいでちょうど良い。

特に試合の流れが悪いときには、意図的にポイント間の時間を長く作ること、が大事です。

相手をじらす、くらいの感覚で、自分が試合をコントロールする意識を持つこと。

勝ちたいという姿勢を、相手や周りに伝えていくこと、が大事。

ゆっくりゆったり、は特に男性に必要ですかね。

ダブルスの試合ではしっかり打ち合わせ、シングルスでもコート奥に立って時間を作る、ようにしていきましょう。

 

3.ボールの軌道を高くする

試合の流れが悪くなるときには、決まってネットミスが多くなる。

自分が打つボールの軌道、サーブやストローク、をしっかり上げていきましょう。

これが、アナタの調子のバロメーター。

ボールの軌道を高くするだけで、きっと試合の流れも変わってくる。

特にサーブ、ですかね。

ネットミスするサーブを減らすだけで、調子は戻って来ると思いますよ。

 

4.小さくガッツポーズを作る

流れが悪いと、ついリアクションも無くなってしまう。

相手からポイントを取ったときに、小さくガッツポーズ、作りましょう。

勝利への意志、は自分から相手や周りに見せていく。

こういう小さいアクション、でも私は大事だと思っています。

自分自身を鼓舞する、行動からメンタルを変えていく。

アナタ自身の為、にぜひやって欲しい仕草です。

 

5.試合前の準備を再確認する

調子が悪いときにこそ、試合前に考えていたことを確認する。

準備していた作戦、をしっかり実行する。

せっかく準備した内容、流れが悪くなってきたくらいで手放してはいけない。

頭が真っ白になっているなら、その自分に気付くこと。

そこから、挽回の流れを作っていく。

試合前に考えていたこと、を思い出すだけで良いでしょう。

きっと、落ち着きを取り戻せるはずですよ。

 

試合の流れが悪い、そのまま負けるのか、挽回するのか。

これも一種の、その選手の癖です。

挽回出来る人は挽回癖があるし、出来ない人はそのまま負け癖になっていく。

いかに客観的に、俯瞰して調子が悪いときを過ごせるのか。

これが出来る人は、間違いなく試合に強くなれます。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?

    試合の中で、ガシャっとなってしまう。ラケットのフレームに当た…

  2. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

    初対戦の試合って、みなさん得意ですか?苦手という方、の方が実際…

  3. テニス メンタル

    戦術

    準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

    試合前に、準備を整える。これは、テニス選手として必要なことでしょう…

  4. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  5. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

    試合で使える武器、戦術は何か?普段から、みなさんも自分で考えて…

  6. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場…
  2. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です
  3. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
  5. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します
PAGE TOP