テニス フットワーク

ストローク

踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

浅いボールを攻撃していきたい、ストロークでそう考えている方は多いでしょう。

そのときに意識してもらいたいのが、準備するラケットの位置、高さ。

高い位置にラケットを準備することで、ボールをしっかり上から抑えていくことが大事です。

また良い構えを見せることで、しっかり相手を威嚇していくことが出来るので有効です。

 

踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

 


 

■前に入っていくときの「威圧感」があるかどうか?

ベースラインから前に入る、ことは攻撃的なストロークを展開していくうえで大事。

ですが、せっかく前に動いて攻撃しようとしているのに、普段のストロークと同じような雰囲気、低い打点になってしまっている人が多いように思います。

強い選手は、攻撃しようとしているときの「威圧感」が凄い。

ラケットを高く掲げることで、しっかり相手にコースも隠せますし足止め出来るのです。

この威圧感は、実力に関係無くアナタが身に付けるべき「技術」です。

 

■リターンにも使える、錦織選手の得意技

ラケットを高い位置にテイクバック、準備出来ると、高い打点にも適格に対応出来ます。

これが低いと、弾かれたりふかしたりしてコントロール出来ない。

全ては準備不足、によりチャンスがチャンスで無くなってしまうのです。

この技術が身に付くと、リターンでも攻撃的になれるので便利です。

よく考えればサーブはいつも、サービスライン内側に入る浅い球。

セカンドサーブなら、しっかりラケットを高い位置での準備で狙っていきましょう!

 

■自分で思ったよりも、ラケット位置は低いということを覚えておくこと!

自分で思ったよりも、ラケットって位置が低い。

それくらい、何かを上に掲げる、というのは相当意識を高く持たないと無理なのです。

自分の準備、がどの程度なのかは動画を撮影して確認するのが一番。

「これくらい出来ているだろう・・・」と考えるのは、危険です。

あ、あとテイクバックも基本的にはコンパクトに、しっかり身体の横くらいまで、にしておきましょう!

大きく後ろに引いていては、振り遅れの原因にになりやすいです。

 

ぜひ、プロ選手の試合では「ラケットの準備の位置」を意識して観てみて下さい。

きっと、アナタとの決定的な違いがあるはずです。

高い位置で打ちたければ高く、低い位置なら低い位置に準備する。

この基本、しっかり見直して攻撃的なプレーを心掛けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ

    シングルスでもダブルスでも、自分がどんなショットを打っていくのか。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

    昨日の試合でも、このショットには何度もしびれました。鋭いバック…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  4. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

    女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転をかけたショットです…

    チャンスボールになると、急にぎこちない感じになる方、何ででしょうか・・…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう
  3. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ
  4. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線
  5. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる
PAGE TOP