テニス ダブルス

ダブルス

失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを

ダブルスの試合で、真価が問われる場面。

それは、失点した後のコミュニケーションでしょう。

相手を気遣いながら、自分を励ましながら・・・色々なことを考えますよね。

みなさんは、どうでしょう。

この失点後の会話で、何か価値を見出せていますか?

 

失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを

 


 

1.「間違ったことは、していない」と思えているか?

試合では、私はこれに尽きると思います。

失点=失敗、ミス、という発想はダブルスでは必要無い。

自分たちはやるべきこと、をやっているかどうかの話ですから。

それさえ出来ていれば、何も気にする必要は無い。

相手が勝れば失点するし、自分たちが勝れば得点する。

ここに一喜一憂しても、ダメなんです。

確認したいのは、自分たちのやり方が出来ているのかどうか。

これが出来ていれば、何も問題無いですよ。

 

2.ラケットワークのミス、は気にしない

テニスはそもそも、難しい競技。

細かい当たり損ないは、あって当然。

ですから、小さいラケットワークのミス、相手のナイスショット、は捨てましょう。

これについて後悔したり、お互いに気を遣い合っても無意味です。

むしろ、ポジショニングや「戦術の選択ミス=やると決めたのに、やらなかった」が無いかどうか。

あれば、失点後の会話の中で「ちゃんとやろうね」と声をかける。

お互いに、試合前からしっかり話し合っておきましょう。

ペアとして、感情的になったら試合で勝てないですから、試合前のコミュニケーション、スタンス決めこそ大事です。

 

3.試合中の会話について、試合前に話す

私が意識していたのは、「事実について、確認し合う」ということ。

ペアや対戦相手に対する感情、は一切考慮しない。

ですから、冷たく感じるようなこともあるでしょう。

試合前に、「厳しいことも言うけど、それはお互い様だし事実の確認だから」と言っておきましょう。

それでも、ペアと軋轢は生まれるかもしれません。

ですが、試合前に一言、確認しておくだけでだいぶ違いますよ。

それに、技術的なミスは絶対に攻めないですから。

決めたことをやっていなかったときに、「なんで?」のスタンス。

失点後のコミュニケーションは、これでいきましょう。

 



 

4.失点の後こそ、改善の大チャンス

試合の現場で、修正していく。

これが出来る人は、試合でも強い。

失点の後に、確認して変える。

特に、チェンジプレーのような前衛が動く作戦は必要ですね。

出来ない、動けなかったら「なぜか?」を考える。

そこで修正出来る、大チャンスなんですよ。

失点後は、失点したカウントばかりに頭がいっていませんか?

むしろ、取り返すチャンス、ヒントを相手がくれている訳ですから。

ここはしっかり、活用していきましょう。

 

失点後の雰囲気、ペアによって差が出ます。

得点後は、みんな同じような感じですからね。

失点後に、どういう話をしているのか、どういう表情なのか。

しっかり、自分たちのことから考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パ…

  2. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

  4. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも…

    テニスのダブルスの試合で、前衛がポーチに出て後衛がストレートをケアする…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで
  2. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの…
  3. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?
  4. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  5. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない
PAGE TOP