ダブルス

打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

目次

ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。

それは、配球でこの意図を感じた時、です。

どうしても、ダブルスですから相手2人にボールを散らしたくなる。

でも、よく考えてみると・・・それって、勝つためには非効率的。

徹底的に、打って来た相手を攻撃していく形、で良いんです。

打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

1.2人を倒す必要は無い、のがダブルス

テニスのダブルスは、こうですからね。

2人を倒す必要は、そもそもありません。

どちらかの選手を崩して、そちら側でポイントを取って良い。

一人狙い、をどこか嫌うような国民性があるのが日本、ですが・・・試合だとどうですか?

実際に打って来た相手、を攻撃していく方が何倍も効率的で楽。

攻撃という視点に立てば、当たり前の話なんです。

2.打って来る相手、の方に隙がある

のがテニス、です。

打った後にしっかり構え直している、ような選手は稀でしょう。

特にアナタ側が攻撃しているなら、苦しい状況のままで打ち終わっているはず。

ポジションだって戻せない、それなのに・・・せっかく相手を追い込んでいるのに・・・もう片方の選手に「参加してもらう」必要はありません。

むしろ、いかに参加させないで2対1、の状況のままで押し切れるのか、を考えることが大事。

打って来た相手には、隙がある。

だから連続攻撃、が効くんですね。

3.ダブルスの前衛は、意外と狙い目!

ボレーが苦手そうで、前衛に立っているのに気まずそうな相手・・・。

であれば、私は徹底的に前衛を狙います。

この打ち合わせは、ポイント前にペアで行っておく。

「前衛にリターンアタックするから、前で詰めていこう」という感じですね。

2人で意識を合わせて、前衛を攻撃していく。

後衛には参加させない。

これは一例ですが、色々なポイントをこんな感じで作っていくと良いと思いますよ。

4.ただし、意地になってはいけない

ただ、相手が挽回してくる時もある。

こういう時には、維持になってはいけません。

まず、こちらが苦しくなったら相手のもう一人の選手に「逃げる」ことも大事。

ダブルスの試合、組み慣れていない相手はこの逃げ、を許してくれますからね。

前衛、後衛がハッキリしている雁行陣なら、苦しい時は基本的に後衛に逃げて時間を作る。

これも、アナタ自身考えて準備しておきましょう。

ダブルスの試合、いかに冷徹になれるか、です。

苦しい方の相手を、どんどん攻撃していく。

そこで押し切ることこそ、ダブルスの基本。

みんなで楽しく、ボールを回す・・・なんて、試合じゃない。

まるで勝てない人が集まったテニススクールのゲーム形式、ですね。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 7/1(月) 高西コーチ 女子ダブルス レッスン&ゲーム会 in 世田谷…

関連記事

  1. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

    ダブルスの試合で、良いペアってどんなペアでしょう?色々あると思…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう

    ダブルスの試合、後衛の攻撃に前衛が応える。これが、一番良い形、…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

    「格上のダブルスペアを倒したい」そう考えている人に、何度も書い…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと
  2. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール
  5. テニス 環境

    日々の雑記

    テニスはこれから、「情報格差」の時代へ
PAGE TOP