テニス ストローク

ストローク

ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない」から

ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしまう。

こんな悩みのご相談が増えてきました。

私が考えるに、そのほとんどは「決断力」と「判断力」が足りなくて生じているような現象。

技術的にはしっかりしていても、それが試合で使えるかどうかは別問題。

ストロークの基本は、しっかり止まってラケットを振れるかどうか。

 

ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない」から

 


 

■相手が打つ前からの予測は、外れても行う

漠然と相手が打つのを見て、打ってから動いていては遅い。

それが通用するのは、アナタにとっての格下相手だけ。

自分と実力が拮抗した、また強い相手を試合をするときには、必ず予測を入れて先回りしないといけない。

ただ返球する、だけでは試合を勝ち抜いていくのは難しいのです。

だからこそ、しっかり良い場所で止まれる、ラケットを振ってボールをコントロールできる打点を、早くイメージする必要があります。

 

■自分にとって「良いストロークの状態」とは、どんな状態か?

まずはしっかり打っている、自分でラリーをコントロールできるイメージを持ちましょう。

ラケットのフィニッシュ位置、フォロースルーがどうなっているかを、まずはアナタ自身がどう考えるかをこの機会に真剣に考えましょう。

振り切れていない、と感じるとストロークが気持ち悪くなる。

迷いが生じて、益々悪循環になります。

だからこそ、早い動き出しと打点への入り方を、相手が打つ前にイメージする必要があります。

 

■試合中にどうしても「モヤモヤ」するときは・・・

一度、思い切った予測で動く、アウトしても良いのでしっかりラケットを振るポイントを作りましょう。

序盤であれば、1ポイント捨てるくらいの覚悟、で実践しても良いと思います。

決して相手のストロークが良い訳では無いのに、なぜか押されていると感じてしまう。

そんなときは大抵、アナタ自身に迷いがあるときです。

 

「予測」と言うと、どうしても大変なイメージがありますが、そんなことはありません。

ある程度深いボールであれば、相手が打てるコースは限られている。

それに何より、テニスはみんな打ち方が違うから特徴が出やすい。

しっかりコースを隠せて打ち分けられる人なんて、実はそんなにいないんじゃないかと思います。

もっと気持ちを楽に持って、早い準備と予測で打ち合いましょう。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

    ストロークの準備が遅い人ってけっこう多い。中には、準備の遅さで…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

    テニスの試合で有効な、ドロップショット。でも「打つのが怖い・・…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよう!

    クロス方向へのストローク、テニスの基本。硬式テニスでは、シング…

  4. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

    両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショット…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  6. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために

    練習の時って、どれだけ速いショットが打てるかを意識して頑張ってしてしま…

特集記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう
  4. リターン

    スライスサーブを、自在にリターンするコツ5つ
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内
PAGE TOP