その他

試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂きます。

もちろん、それがテニスの全てでは無いでしょう。

私はただ、「試合は面白い、成長出来る」という部分を、T-PRESSで書き続けてきたつもりです。

ただボールを打ち会うだけのテニスも、一つのテニス。

ただ言えることは、これじゃないですかね。

 

試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

 


 

1.恐らく、一緒に練習は難しい

同じコートで、同じスポーツをやる。

黄色いボールを追いかけて、ラケットで打ち返す。

やっていることは同じように見えても、私はハッキリ、違うと言い切ります。

良い悪い、ではありません。

試合に出るテニス、出ないテニスは、違う。

だからこそ、私がここで書き続ける意味があるんだと思っています。

 

2.全く別なスポーツ、競技になる

試合に出始めると、本気で勝ちたくなる。

そして、自分より強い相手と試合をしていると、みなさんも感じて来たはずです。

ただボールを打つこと、返すことが、なんて難しいんだろうと。

普通にやれば出来ることが、試合だと出来なくなる。

「フォルトしたら負け」の相手のマッチポイントでのセカンドサーブ、手足が震える。

こういう経験、試合に出ないとなかなか出来ないですからね。

だからこそ、楽しくもあり辛くもある。

試合に出るなら、ただレクリエーションでテニスをするのとは、全く違う競技になることを覚悟しないといけません。

 

3.なぜなら、そこに人の感情があるから

テニスはものすごく、人間臭いスポーツ。

試合は感情のぶつかり合い、です。

勝ちたいという一見クリーンでキレイな感情、ばかりじゃないですよね。

嫉妬心や羞恥心、コンプレックスといった、心の奥底にある嫌らしい部分。

テニスの試合に出ていると、たくさん目にすることになるでしょう。

周りの人もそうですし、自分自身もそう。

汚い自分、嫌らしい自分に気付いて嫌になること、もみなさん経験してきたはずです。

言い方は悪いですが、私はこれが人間の「面白い部分」だと思いますよ。



4.みなさんは、焦る必要はありません

まず、試合に出ているだけで凄い。

何度も書いて来ましたが、みなさんは凄いんです。

だからこそ、焦らないで欲しいという気持ちがあります。

結果が出ない、ずっと停滞しているような気分になっている人も、焦らずじっくりいきましょう。

試合に出る、という一歩を踏み出している時点で、テニスは残酷でもあり、同時にたくさんの経験を与えてくれる。

たかがテニス、されどテニス。

これは、試合に出ているみなさんなら、日々感じることじゃないでしょうか。

 

動画を作ったり、ミーティングイベントを開催したり。

そうこうしながら、本当にみなさんの力になれているのか、悩む日々です。

でも、新しいチャレンジをし続けてこそ、見えて来るものもありますからね。

またぜひ、YouTube動画などはご意見頂けると嬉しいです。

これからも、「試合に出るテニス」に特化してT-PRESSは歩んでいきます。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから

    テニスの大会、個人戦を見るとほとんどの試合が「個人名(所属)」の形で、…

  2. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

    今回は、本当にちょっとしたことなんですが・・・。テニスの試合を…

  3. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう

    テニス、卓球、バレーボール、バドミントン・・・。これらのスポー…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

    テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要な…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、とな…

  6. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックボレーで遠い場所もカバーしたい!」ネットで守備範囲を広げる為に、必要な身…
  2. メンタル

    結果と姿勢は、分けて考える
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「俺はずっと、これでいく」テニスの片手バックハンドストロークが優れていると思う4…
  4. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  5. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇…
PAGE TOP