戦術

試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。

こういう人に限って、実は試合に出ていないで練習だけ、という人が多いんですよね。

外の世界に出続けていれば、嫌でも自分のテニスって見えて来ますから。

私たちは、試合という鏡で、ずっと自分のテニスを見つめ続けていく。

だからこそ、成長を実感出来るんです。

 

試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

 


 

1.評価を下される、ということ

テニスの試合は、健康診断のようなもの。

自分の状態、実力は今、どうなのか。

それを知る場、だと私は思います。

もちろん、それは対戦相手に勝ちたいと思って、必死にもがいた結果ですけどね。

試合に出れば評価が下される。

それを怖がっていたら、ずっと自分のテニスなんて見つからない。

自分探し、をずっと続けているような人に限って、試合に出ている人が少ないんですよね。

 

2.自分が期待している自分、なんていない

試合に出て、まず壁にぶつかる。

みなさんも、今でも経験し続けていると思います。

「こんなはずじゃないんだけどな・・・」

「もっと、出来ると思ってたのに・・・」

どこかで、自分が期待している自分、がいると思っている、信じている。

でもその期待、試合では簡単に裏切られます。

厳しいけど、これが現実というのを見せつけられる。

自分を知る、自分のテニスを理解するということは、試合に出ていないと絶対に出来ない。

なぜなら、そこに人間らしい感情が入って来るからです。

 

3.感情無しでも、練習は出来る

練習は、良いんです。

正直感情が無くても、無心で出来る。

そこに勝敗が無いですからね。

勝敗が無いから、感情に訴えるものが無い。

でも試合なら、ハッキリと勝ち負けが生まれる。

勝った選手は次の試合があるし、負けたら帰らないといけない、それが現実。

試合になると、みんな一気に人間らしくなる。

だから、自分らしさも自然と出て来る。

これはすごく、大事なこと。

感情を込めたプレーこそ、アナタ自身のプレー。

試合に出ることで、それが磨かれていく。

感情を持ってプレーすること、それはテニスにおいて避けて通れない道ですから。

 

4.見つけては手放し、また探していく

でも、テニスって本当に、奥深い。

私自身、まだ自分のテニスは模索し続けています。

試合に出続けて、見つけては手放して、また探していく。

練習だけだったら、変化って感じ辛いと思います。

試合に出て勝敗がつくから、感情も動いて新しい発見がある。

こういう新しい自分、を引き出してくれるのは、切磋琢磨できる全国の仲間、選手のみなさん。

この出会いがあるから、テニスの試合は止められないんですよね。

いつか読者のみなさんとも、試合をしたい。

読者同士のみなさんも、たくさん試合をして欲しい。

そういう場を作れたら良いな、と密かに考えています。

 

自分探しの旅なんかより、試合に出る。

私は、テニスをしている人なら、これが一番だと思います。

見えてくる自分、良いところばかりでは無いと思いますが、それも全て楽しみに変わりますから。

テニスを通じて成長出来る、成長を感じられる。

そんな人を1人でも多く増やしていくのが、私の願いです。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、…

  3. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい

    連続攻撃で、相手に時間を与えないストローク。錦織選手も得意とす…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探してみよう

    アナタの周りにも、「テニスが上手い、試合で勝っている」人はいるはず。…

  5. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

    テニスを長く続けていると、この問題にたどり着く。ラケットでボー…

  6. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい

    「何だかこの相手のテニス、分かりやすいな」と、感じる時。こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  2. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
  3. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い
  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「コートを分割した状態でも、自分の守る範囲」を強く意識しないと…
PAGE TOP