戦術

試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。

こういう人に限って、実は試合に出ていないで練習だけ、という人が多いんですよね。

外の世界に出続けていれば、嫌でも自分のテニスって見えて来ますから。

私たちは、試合という鏡で、ずっと自分のテニスを見つめ続けていく。

だからこそ、成長を実感出来るんです。

 

試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

 


 

1.評価を下される、ということ

テニスの試合は、健康診断のようなもの。

自分の状態、実力は今、どうなのか。

それを知る場、だと私は思います。

もちろん、それは対戦相手に勝ちたいと思って、必死にもがいた結果ですけどね。

試合に出れば評価が下される。

それを怖がっていたら、ずっと自分のテニスなんて見つからない。

自分探し、をずっと続けているような人に限って、試合に出ている人が少ないんですよね。

 

2.自分が期待している自分、なんていない

試合に出て、まず壁にぶつかる。

みなさんも、今でも経験し続けていると思います。

「こんなはずじゃないんだけどな・・・」

「もっと、出来ると思ってたのに・・・」

どこかで、自分が期待している自分、がいると思っている、信じている。

でもその期待、試合では簡単に裏切られます。

厳しいけど、これが現実というのを見せつけられる。

自分を知る、自分のテニスを理解するということは、試合に出ていないと絶対に出来ない。

なぜなら、そこに人間らしい感情が入って来るからです。

 

3.感情無しでも、練習は出来る

練習は、良いんです。

正直感情が無くても、無心で出来る。

そこに勝敗が無いですからね。

勝敗が無いから、感情に訴えるものが無い。

でも試合なら、ハッキリと勝ち負けが生まれる。

勝った選手は次の試合があるし、負けたら帰らないといけない、それが現実。

試合になると、みんな一気に人間らしくなる。

だから、自分らしさも自然と出て来る。

これはすごく、大事なこと。

感情を込めたプレーこそ、アナタ自身のプレー。

試合に出ることで、それが磨かれていく。

感情を持ってプレーすること、それはテニスにおいて避けて通れない道ですから。

 

4.見つけては手放し、また探していく

でも、テニスって本当に、奥深い。

私自身、まだ自分のテニスは模索し続けています。

試合に出続けて、見つけては手放して、また探していく。

練習だけだったら、変化って感じ辛いと思います。

試合に出て勝敗がつくから、感情も動いて新しい発見がある。

こういう新しい自分、を引き出してくれるのは、切磋琢磨できる全国の仲間、選手のみなさん。

この出会いがあるから、テニスの試合は止められないんですよね。

いつか読者のみなさんとも、試合をしたい。

読者同士のみなさんも、たくさん試合をして欲しい。

そういう場を作れたら良いな、と密かに考えています。

 

自分探しの旅なんかより、試合に出る。

私は、テニスをしている人なら、これが一番だと思います。

見えてくる自分、良いところばかりでは無いと思いますが、それも全て楽しみに変わりますから。

テニスを通じて成長出来る、成長を感じられる。

そんな人を1人でも多く増やしていくのが、私の願いです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

    「試合に勝つ為に、何が必要ですか?」この質問に答えるのは難しい…

  2. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  3. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  5. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

    テニスの試合では、どうしようも無く強い相手、と試合をする機会もあります…

  6. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

    対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。がら空きの状態で「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
  4. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね
PAGE TOP