練習メニュー

週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得

テニスの練習、みなさんはどれくらいのペースで続けてますか?

波はあると思いますが、週1回程度という方が、読者のほとんどじゃないでしょうか。

そうなると、この週1回の練習で、どう上達していくのかが大事ですよね。

私たちは、試合に出て勝つことを目的に頑張っている。

その頑張り方、が大事なんです。

 

週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得

 


 

1.ウォーミングアップは終えておく

テニススクールのレッスンでも、レンタルコートでも。

最初の1球目から集中力MAXで入って怪我をしない、ようにしっかり準備しておきましょう。

この準備も、大事な試合に向けたトレーニング。

コートの中でウォーミングアップの段階でもう、もったいない。

貴重な時間、コート外で済ませることが出来るものは全て終えて入りましょう。

 

2.自分のテーマを持つ

長期的、短期的に、自分のテーマを持つ。

そうすれば、全体練習の中でも個人練習は出来ます。

自分の今の課題、そして試合で必要なこと。

苦手なことばかりやる必要は無くて、むしろどんどん自分の特徴や武器は伸ばしていきたい。

常に、今の自分のテーマは何なのか、を考えて練習に臨むようにしましょう。

 

3.常に、ラケットは良い状態で

ガットのテンション、状態はどうでしょう?

アナタ自身、練習でコンディションが悪いラケットで打っていたら、試合でまず勝てないです。

だって、練習と試合が異なってしまうということですから。

ラケットを良い状態でキープする、練習以外の6日間でもやっておくことはたくさんあります。

しっかり準備して練習に入ることが出来れば、集中力も高まるでしょう。

 

4.ラリーをつなげない

これも、練習の効率アップには大事です。

ダラダラと、つなげるようなショットは打たない。

安定感をアップさせる練習でも、ずっとお互いに攻めない、なんて試合では考えにくい。

数往復、続いたらお互いにしっかりポイントを奪い合うこと。

これが意識として、大事でしょう。

 



 

5.小さいミスを、繰り返さない

小さいミス、当たり損ないのようなショットミスを、極力減らす。

自分が立っているポジション、グリップ、構えの速さ。

基本を見直して、ミスを続けない意識を強く持ちましょう。

これ、誰も指摘してはくれませんからね、学生の部活でも無いですし。

しっかり、小さいミスを減らす緊張感を自分から持っておくこと、が大事です。

 

6.出来るだけニューボールで

レンタルコートでの練習では、出来るだけニューボールで。

これは、試合を見越した当然の準備ですね。

空気の抜けた古いボールで打っていても、感覚がおかしくなっていくだけ。

出来るだけニューボールで打つように、自分で準備することが大事。

周りに期待しないで、自分からしっかり持ち込むように習慣付けましょう。

 

7.記録を残す

練習の記録を残すと、練習以外の時間でも練習が出来る。

テニスノート、動画、写真、今ではスマートフォンで色々簡単に出来ますよね。

次の練習前に、前回の内容を見返すだけでも効果大。

私たちは、短く少ない練習機会を大切に使わないと勝てないですからね。

使えるものはどんどん、使いましょう。

 

ここまでやると、意識高い系に思われるかも知れません。

でも、それで良いんじゃないですかね。

テニスは週1回の練習で強くなる人もいれば、週5回の練習でも弱くなる人もいます。

出来ることをやる、当たり前のレベルが高い人になって下さい。

ぜひ、小さいところから意識して始めてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう

    テニスは教わるもの?もちろん、そうやって始めてみんな最初は上達…

  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ

    テニスの試合、勝った試合よりも負けた試合。これを、どう活かすか…

  4. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

  5. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さ…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない
  3. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けか…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認
  5. メンタル

    リアクション上手は、必ず得をする!
PAGE TOP