テニス 試合

メンタル

試合に出る勇気がある人は、他人からの評価を受け入れることが出来る

「せっかく休める土日なのに、よく試合なんて出ますね・・・」と、言われることは少なくありません。

そうか、確かに30歳も超えて試合に出ているなんて、普通の人には考えられないような感覚なんでしょうね。

でも、これは私にとって自然なこと。

むしろ止めてはいけないこと、だと思っています。

 

試合に出る勇気がある人は、他人からの評価を受け入れることが出来る

 


 

1.試合に出るということは、ジャッジを仰ぐということ

仕事や勉強、全てにおいて人は数値で評価されます。

これは、避けようが無い事実。

目標売上だったり給料だったり、何かしらの数値でアナタ自身は評価されていく・・・と思っておいた方が良いでしょう。

結構、キツイですよね。

言い訳したくもなります。

でも、その耐性を養ってくれたのは、私はテニスだと思っています。

試合に出れば、勝つか負けるか、しか基本的には結果は無い。

そう、対戦相手でありテニスのルール上のジャッジ、を下されるということなんです。

 

2.試合に出なければ、負けも無いけど勝ちも成長も無い

テニスの試合、負ければ悔しいし落ち込む。

でも・・・また出よう、練習してきた自分を試したい、と思えるのはなぜなのか。

それは、心のどこかで「試合に出ないと、成長しない」という危機感があるからだと思います。

試合に出なければ、負けることはありませんが勝つことも一切ない。

よく考えてみれば、シングルスの試合なんて全く負けないで試合会場から去れるのは、優勝者の一人だけ。

それになれる確率は低い、と分かっていても試合に出る。

なぜならそれが、自分自身の成長に一番つながるからです。

 

3.試合に出ている人は、他人からの評価も受け入れることが出来る

現代って、ストレスばかり。

仕事でも学校でも、プライベートでも、「何でこんなやつに、こんな言われないといけないんだ・・・」と思うこと、ばっかりですよね。

でも、テニスの試合に出ることに慣れていれば、自分がどう判断されるのか、ジャッジされるのか。

正解かどうかは別として、それを受け入れて冷静になれる。

その耐性は、きっと身に付いていくと私は思うんです。

試合のストレス、負けそうになる恐怖、を経験していれば、大抵の仕事や勉強、試験や試練には耐えられます。

試合に出ている皆さんは、ぜひその自分を少しだけ褒めてあげて欲しい。

社会人の人、は特にそうだと思います。

 

この記事を読んでいる方の多くは、学生の皆さんだと思います。

中学、高校、大学、部活、サークル・・・。

学生時代のテニスを引退しても、社会人でテニスの試合に出るイメージ、ありますか?

私は、この場所で待っています。

T-PRESSでも読みながら、また厳しい試合に出るか・・・と、そうなってくれる人が一人でも増えると嬉しい。

しんどいですけどね。

でも、成長し続ける人生、悪くないと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です

    春から夏にかけては、大事な試合が多く開催されるシーズン。大事な…

  2. テニス サイト
  3. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  4. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進歩しない

    最近書いた記事で、勝てる試合は「6-0で勝つ」ことの重要性を説いてきま…

  6. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

    何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メ…
  2. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  3. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
PAGE TOP