テニス 試合

メンタル

テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?

部活やサークルであれば、公式戦の参加メンバーは人数が限られているので、全員は難しいかも知れません。

ですが草トーのような大会、市民大会であれば、エントリーすれば出れる。

ぜひ苦しくても、こういった経験の場は自分から意識して設けて、試合に出続けて欲しい。

テニスの試合に出ることで、自分の弱さを知る。

だからこそ、強くなれるのがテニスです。

 

テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

 


 

■全仏オープンに観る、自分を管理する難しさ

今年の全仏オープンは特に、雨が多い。

全く屋根が無い会場では、選手のストレスも相当でしょう。

大会側とすれば、とにかく多少の雨では試合をやってもらって進めないといけない。

開催期間がずれ込むと、観客もスケジュールの調整が出来ない・・・など、問題は山積み。

選手自身は、そんな中でもしっかり自分を管理して、結果を出さないといけない。

負けてしまう理由、言い訳はいくらでも出来るのに・・・試合って、自分の弱さと向き合うことが出来る、恰好の機会だと改めて感じます。

 

■「自分を認めない」のではなく、「距離を置いて向き合う」ことが大事

試合の中では、自分に腹が立つことばかり起きます。

ダブルフォルトを繰り返し、イージーミスも多くなり・・・自分に自信が持てなくなる場面が多くあります。

ですがそういう自分を、「認めない」でいると試合はしんどくなるばかり。

「いつもはこうじゃない・・・本当の俺は・・・」という感情は、相手にも伝わり良いことはありません。

それよりも、「また弱い自分が出てきたな・・・」と客観的に考える。

自分と少し距離を置くことで、試合中でも冷静に判断して対処出来るようになります。

ちょっとしたメンタルコントロールのコツですが、私はこの感覚で試合が出来るようになって、だいぶ楽になって結果が出るようになりました。

 

■「弱い自分を覗いてみる」ことを、恐れてはいけない

日常生活では、弱い自分を避けることが出来る。

苦手なことはやらなくて良いし、自分のペースで進めて誰も見ていない、なんてことがほとんどですよね。

ですがテニスは違う。

試合結果は残るし、周りで観ている人も多い、出来ない自分、負けていく自分をさらけ出すことになるのです。

しかもその前段階、何かが上手くいかないことは自分が一番よくわかる。

「弱い自分を覗く」ことを避けられないのが、テニスの試合。

しっかり向き合う準備が出来ていれば、大丈夫。

そこから恐れるから、テニスの試合で結果が出ない可能性が高いのです。

 

弱い自分を覗く、という表現が適しているかはわかりません。

ですが、覗き続けていくと、それだけ成長も見えてくる。

これが一番、テニスを続けてきて良かったなと私が感じること。

弱い自分が強くなる、それは速いサーブが打てるようになるとか、ボレーが上達する、というだけじゃないんですよね。

困難に冷静に立ち向かい、しっかり結果を出せるようになる。

これが最高の、「成長」なはず。

皆さんも試合に出続けて、成長していきましょう、一緒に。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン

    プロ野球の試合でも、最近「イップス」という言葉がニュースでもよく出て来…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

  3. テニス フェデラー
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    錦織選手のストロークウォーミングアップ、で改めて気付くこと
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先
PAGE TOP