ストローク

実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていくパッシングショット。

テニスの試合の中でも、一際華やかなショットですよね。

誰もが鮮やかに打ちたいと思ってしまうことのショットですが、固執してしまうのは危険。

発想としては、あくまで対策の一つ、くらいの意識が大事です。

 

実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

 


 

■ネットプレイヤーに対して、複数の選択肢を持てているか?

相手がネットに出てくる、後ろから前に出て自分との距離を詰めてくる・・・・とき。

アナタは冷静に、相手に対応出来ていますか?

パッシングショットだけに頼っているようだと、相手にとっては「やりやすい」感じになってしまう。

ロブ、そして足元に打つディンクショット、そして左右へのパッシングショット。

ロブもスライスとスピン、両方が使えると良いですね。

 

■複数の選択肢があってこそ、相手は迷ってくれる

パッシングショットしか無い相手に対しては、どんどん前に詰めれば良い。

前に詰めれば、パッシングショットで打てるコースはどんどん狭くなります。

ロブが使えれば相手も必要以上に前に詰めれない、だからこそパッシングショットで打てるコースも広がる。

気持ちの中でも、迷いが生じる。

思い切りの良いネットプレイヤーは怖いですが、迷っているネットプレイヤーは絶対に怖くない。

そうさせていくのは、アナタの選択肢の多さです。

 

■錦織選手も最近、ロブ多めという事実

トップスピンロブ、の価値が改めて見直されている。

最近の錦織選手の試合を観ていると、かなりの頻度でこのロブを加えているように感じます。

相手からすると、上をケアしながら左右もケアするってかなり厳しい。

でも、ドロップショットや浅いボールを打った後は、もう「前」に出ざるを得ないときもありますよね。

そう、不安な気持ち、迷っている中で・・・錦織選手に引っ張り出されている感じになる。

結果的にトップスピンロブ、の格好の餌食になっているのです。

 

パッシングショットは、カッコイイ。

私もつい、試合で打ちたくなってしまいますが、打つには布石が必要。

ロブを先に使っておいて、打てるコースを広げる。

広げておけば速いショットでなくても、しっかり有効になる。

パッシングショットのミスが速い人は、選択肢を相手に示せていないだけ。

ネットプレイヤーに対抗するショット、もう一度見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. + POWER CUP について
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

    試合の中で、相手のボールが深く入って来る。このプレッシャーっ…

  2. テニス 戦術

    ストローク

    打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない

    良いショットを打ちたい。誰もがそう思いますよね。でも、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

    上達している実感はあるのに、結果が伴わない。結果が伴わないから…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  5. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す

    ストロークミスが多いとき、それは「低い打点」で打たされていることが多い…

特集記事

  1. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である
  2. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです
  3. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい
  4. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!
  5. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう
PAGE TOP