テニス 客観視

その他

「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です

テニスを上達させたい、上手くなりたい。

そう思っている人が、たくさんこのサイトを観て頂いていると思います。

本気でテニスに取り組む、その為に必要なものは何か。

自分を変えざるを得ないような衝撃、ってこういうことだと私は思います。

 

「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です

 


 

■最近大きな「恥」、をかく機会はあっただろうか?

テニスの試合に負けて、また次の日から練習を再開する。

当たり前ですが、皆さんこの繰り返しに近い感じだと思います。

私も、そうです。

つい試合に出る事、負ける事自体が当たり前になって、「恥」と呼べるほどの経験を積めなくなってきている。

恥ずかしいと思うきっかけが無いと、人は絶対に変わらない。

「もう二度と、あんな想いをしたくない・・・!」と思えてこそ、人は本気で物事に取り組めるようになる。

テニスでは、私はそれを痛いほど感じています。

 

■テニススクールでのアルバイト初日、の経験

私は学生時代、アルバイトでテニスコーチとして働いていた経験があります。

自分のテニスも一番頑張っていた時期で、球出し練習もしたし・・・準備万端!と思っていざレッスンに入ると、緊張でラケットが持てない。

手が震えて、生徒さんに球出しするボールも、あさっての方向にしか飛ばない。

結局レッスンが始まって20分経たないうちに、コートの外に追い出されてそのまま見学させられたことがありました。

悔しいを通り越して、恥ずかしい。

しんどいを通り越して、目の前が真っ白になる。

試合に負ける何倍も、恥ずかしかった思い出があります。

そのレッスンの後は、生徒さんに見立てたカラーコーンに向かってひたすら球出し練習。

終わったら拾って、また球出し練習を繰り返す。

その繰り返しで、自分なりのアイデアや工夫が身に付いたと今でも思っています。

こうやって書かせて頂いていること全て、こういった細かい恥をかいた経験が、私のベースになっているのです。

 

■「恥を知る」ことが出来る選手は、絶対に強くなる

上手い選手ではなく、強い選手。

私は強い選手になるには、絶対に恥を乗り越えていかないといけないと思っています。

恥をかける環境にいる、という時点で、アナタはもう他を一歩リードしていると思って下さい。

だって、考えてみて下さい。

ほとんどの人は、自分は傷つかない、苦しまない場所で、ぬくぬくテニスをしている。

そんな人は、上手い選手にはなれても、強い選手にはなれない。

試合に勝っていきたいなら、恥を知れるような環境に飛び込んでいかないとダメ。

自分を知るには、自分が知らない世界に積極的に入っていかないと、テニスでも絶対に成長出来ません。

 

「今回の記事は、学生のような若い選手向けだな」と感じた方、違います。

むしろ年齢を重ねた方ほど、こういった「恥」に億劫になって自分の居場所にとどまりがち。

60歳、70歳を超えても、まだまだこれからです。

そういったご年配の方からも、たくさんご意見を頂きます。

私自身、自戒を込めて・・・。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

  2. テニス メンタル

    その他

    「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ

    私は高校時代、自分の学校にテニスコートがありませんでした。正確…

  3. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう

    部活の練習、いつもどこかモヤモヤしていたりしませんか?「アイツ…

  4. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう

    テニス、卓球、バレーボール、バドミントン・・・。これらのスポー…

  5. テニス サイト

    その他

    「テニスの試合に出ている高校生の皆さん」は、ぜひチェックしておきたいサイト4つ

    テニスの試合に出ている方は、普段どんなサイトで試合の情報をチェックして…

  6. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

    今はまさに季節に変わり目。少し前まで寒かったと思ったら、20度…

特集記事

  1. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
  2. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想
  4. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
  5. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
PAGE TOP