メンタル

「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

テニス、楽しいですか?

もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合で負けて悔しい、練習がきつい・・・など、皆さん色々想うところはあると思います。

ただし、試合に勝ちたいと考えているのであれば、一つの大きな意識改革が重要な鍵になります。

それは・・・。

 

「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

 


 

■「違う!」と反論する人ほど、やらされている人が多い

「ドキッ」とした方は、むしろ真剣にテニスに取り組んでいる方だと思います。

きつい練習を楽しい、自分から取り組んでやっている、と言える人は少なくて当然。

メンタルが強い一般のプレイヤーは、多くありません。

だからこそ、見つめ直して頂ければ試合に勝てる、強いテニスが養われていくのだと思います。

「どこか部活に入らないといけないのが、学校の規則だから」

「親がやっているから」

「何となくで始めたけど、周りの眼があって辞め時が無い・・・」

そんな率直な気持ちを、一度自分で確認してみましょう。

責めるのではなく、確認です。

 

■自分はどんなテニスがしたいのか、そのテニスで試合に勝つことができるのか?

このサイトを観て頂いている方の多くは気付いているかと思いますが、試合に勝つにはかなりの準備と練習が必要。

それは、決して楽しいものばかりではありません。

自分自身ができないことを練習するのが、試合に勝つ為の練習です。

出来ることだけやって楽しむ遊びのテニスが、どれだけ楽か。

でも無意識にテニスを「やらされている」人ですと、少し気が緩むと後者のテニスに流れてしまいます。

「やりたいテニス」を封印せよ、と言っているのではありません。

「試合に勝つテニス」の中にどう組み込んでいくかが、大切なのです。

 

■テニスにおいて「上手さ」と「強さ」は似ているようで違う

やらされている環境では、上手さは身に付いても強さは身に付かない。

これは私の経験上、絶対です。

上手さと強さの違いは何でしょうか。

上手い選手は、プレッシャーのかかっていない環境でした技術を発揮できない。

強い選手は、大事な試合のここぞという場面で、その技術をしっかり発揮できる、結果を出せる。

この違いだと思います。

強さを身に付けるには、テニスで悔しさと必要性を感じられるような場所で練習を積まなければなりません。

そういう環境は、「テニスをやらされている人」は無意識のうちに避けてしまう傾向にあるので、注意しましょう。

 

■主体的にテニスに取り組んでいる人が実践していること

では、「自分から主体的に取り組んでいる」人が実践していることは、何でしょうか。

まずは、初対面の練習環境にも積極的に入っていける。

自分より上手い人との練習にも参加して、また誘ってもらえるような関係を築ける。

つまり、テニスと真摯に向き合って人間関係をしっかり構築できる人です。

または練習会を主催したり、大会にみんなを誘ったりと、「待ち」の姿勢ではなく「行動する」姿勢を持っている。

少しずつでも良いので、アナタも意識してみて下さい。

 

「なかなか難しいな・・・」と感じた方、仰る通りです。

そんな方は、まずはテニスノートを書くところから始めてみませんか?

気軽な気持ちで良いんです。

まずは何事も、「自分から」始めてみることが大切。

ちょっとした積極性が、アナタのテニスを変えていきます。

今年も残すところあと3ヶ月。

やり残しの無いように、過ごしましょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

  2. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります

    何を根拠に?と言われれば、それはアナタ自身。きっと、このT-P…

  3. テニス シングルス

    メンタル

    一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない

    試合に出て、勝ちたいと思うみなさん。厳しいようですが、まずはこれを…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  5. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確認できるから

    テニスでは、直接自分と対戦することはできません。アナタは、1年前の…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリして…
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ラケットを持ってテニスコート上で反応を速くしようと思えば、「自分の身体にラケット…
  3. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?
  4. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
  5. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる
PAGE TOP