メンタル

「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

テニス、楽しいですか?

もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合で負けて悔しい、練習がきつい・・・など、皆さん色々想うところはあると思います。

ただし、試合に勝ちたいと考えているのであれば、一つの大きな意識改革が重要な鍵になります。

それは・・・。

 

「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

 


 

■「違う!」と反論する人ほど、やらされている人が多い

「ドキッ」とした方は、むしろ真剣にテニスに取り組んでいる方だと思います。

きつい練習を楽しい、自分から取り組んでやっている、と言える人は少なくて当然。

メンタルが強い一般のプレイヤーは、多くありません。

だからこそ、見つめ直して頂ければ試合に勝てる、強いテニスが養われていくのだと思います。

「どこか部活に入らないといけないのが、学校の規則だから」

「親がやっているから」

「何となくで始めたけど、周りの眼があって辞め時が無い・・・」

そんな率直な気持ちを、一度自分で確認してみましょう。

責めるのではなく、確認です。

 

■自分はどんなテニスがしたいのか、そのテニスで試合に勝つことができるのか?

このサイトを観て頂いている方の多くは気付いているかと思いますが、試合に勝つにはかなりの準備と練習が必要。

それは、決して楽しいものばかりではありません。

自分自身ができないことを練習するのが、試合に勝つ為の練習です。

出来ることだけやって楽しむ遊びのテニスが、どれだけ楽か。

でも無意識にテニスを「やらされている」人ですと、少し気が緩むと後者のテニスに流れてしまいます。

「やりたいテニス」を封印せよ、と言っているのではありません。

「試合に勝つテニス」の中にどう組み込んでいくかが、大切なのです。

 

■テニスにおいて「上手さ」と「強さ」は似ているようで違う

やらされている環境では、上手さは身に付いても強さは身に付かない。

これは私の経験上、絶対です。

上手さと強さの違いは何でしょうか。

上手い選手は、プレッシャーのかかっていない環境でした技術を発揮できない。

強い選手は、大事な試合のここぞという場面で、その技術をしっかり発揮できる、結果を出せる。

この違いだと思います。

強さを身に付けるには、テニスで悔しさと必要性を感じられるような場所で練習を積まなければなりません。

そういう環境は、「テニスをやらされている人」は無意識のうちに避けてしまう傾向にあるので、注意しましょう。

 

■主体的にテニスに取り組んでいる人が実践していること

では、「自分から主体的に取り組んでいる」人が実践していることは、何でしょうか。

まずは、初対面の練習環境にも積極的に入っていける。

自分より上手い人との練習にも参加して、また誘ってもらえるような関係を築ける。

つまり、テニスと真摯に向き合って人間関係をしっかり構築できる人です。

または練習会を主催したり、大会にみんなを誘ったりと、「待ち」の姿勢ではなく「行動する」姿勢を持っている。

少しずつでも良いので、アナタも意識してみて下さい。

 

「なかなか難しいな・・・」と感じた方、仰る通りです。

そんな方は、まずはテニスノートを書くところから始めてみませんか?

気軽な気持ちで良いんです。

まずは何事も、「自分から」始めてみることが大切。

ちょっとした積極性が、アナタのテニスを変えていきます。

今年も残すところあと3ヶ月。

やり残しの無いように、過ごしましょう!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

  3. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と実践出来ていない

    テニスの試合を観ていて、「フッ」と残念な間がよぎることがある。…

  4. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

    テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。…

  5. テニス 雨

    メンタル

    上達し続けるテニス選手は、永遠の初心者

    なんで、この選手は成長し続けられるんだろう・・・。そう考えてる…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!

    試合の中で、「やばい、甘くなった・・・」と思うこと、ありますよね。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ
  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  4. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しい…
  5. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
PAGE TOP